人気ブログランキング | 話題のタグを見る

広島にあるBalletoneとBarreWRXという国際フィットネスライセンスを取得できるスクールLien(リアン)代表。15年間で11万人のお客様の指導経験を持つ。トレーニング経験は5万時間以上のトレーナーであり、フリーインストラクターとして、一般からプロまでを指導。スクール情報や日常までアップ!!
by バレトン&バーワークスマスタートレーナー渡辺麻衣子
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
記事ランキング
外部リンク
画像一覧
最新の記事
アメブロに引っ越しました!
at 2021-06-14 13:58
バレトンとは?
at 2021-04-28 09:26
素敵な人
at 2021-04-27 06:09
ただジッと
at 2021-04-25 06:07
癒しの風
at 2021-04-24 06:30
以前の記事
2021年 06月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
タグ
カテゴリ
全体
繋がり・絆・ご縁
インストラクター
健康・美容・資格

生き方
ボディケア
日常
美術・芸術

トレーニング
ボディーワーク
資格
未分類
ブログジャンル
最新のトラックバック


インストラクターの仕事と、AKY「あえて空気読まない」こと

最初、AKYのつもりが、AKWとなっていて
失礼しました!
<(_ _)>

いつの間にか、脳内が
A(あえて)K(空気よまない)W(渡辺)になってました~(^^♪


今日、心に残ったんです。
ビジネスの先輩が言われていたこと



「空気を読むといった言葉があるけど
無意識に空気読めないのは問題だけど、空気読みすぎて
人の顔色みたり、人の意見にふりまわされて
生きていくのも
自分の人生を生きてないかも。



空気を読む能力はあるけど
自分を常にもって、主体的に行動したり
自分を殺さずに行動したりするほうが
結果、人のためになったりするし



AKY(あえて、空気、よまない)


姿勢って
やってみる価値はある」


初めて聞いた言葉ではなく以前から
耳にしていた言葉だったけど


今日は新鮮にうけとめました

そのままその方の言葉をコピーして
このブログ書いてないんですが
こんな風におっしゃっていて



共感します(*'▽')
わたしも、そう思う~

今日一番心に残りました~


「空気をよむ」ことばかりやっていると
いつの間にか
自分の本当の気持ちや願いが
自分で掴みにくくなってきて



自分に対して
「鈍感」になってしまうような気がします



人に意見を合わせて
「この場が丸く収まるなら、いいかな」って
その瞬間を、うまく切り抜けていて
世渡り上手みたいに思っていたことも
私もありましたが


自分を譲っていくことが
習慣化していくと

いつの間にか

自分の人生を本当に「生きて」いないことに
なってしまうような

そう、考えるようになりました
インストラクターの仕事と、AKY「あえて空気読まない」こと_a0390917_22592325.jpg
(この画像はネットからお借りしています)


そう考えるようになったのも

もともと私は
子供のころから



人の顔色とか、言動とか読んで
考えていることを
読むこと
察すること
人の行動を拾いすぎちゃう
ところがあるんです~




AKY(あえて空気よまない)って
冒頭のビジネスの先輩が
語られていることに触れて




今まで
「人の顔色みて、気持ちがよくわかってしまったり
人に感情移入を深くしてしまったり
心配しすぎてしまたり」
する癖がある自分を



責めていたり、
敏感な自分を「性格直さなきゃ」って思ってたんですが




先輩の言葉で
「あー。敏感なことも「能力」なのか。察すること、気づけることは
人にはできないことなのかも。」



「自分の人より、長けた能力に自信をもちつつ
あえて!
気づかない。心配しすぎない。スルーする努力を
することが大事なのかもな~」
(#^.^#)(#^.^#)
って、少し心が軽くなりました
インストラクターの仕事と、AKY「あえて空気読まない」こと_a0390917_22593998.jpg
Rさん!ありがとう!(*'▽')(#^.^#)(#^.^#)


人の行動や、表情、言動を事細かく
拾うこと


私の「癖」というか
無意識にちかく、頻繁にやっていますね~


子供のころからそうですね


家庭環境というか
祖母は結構、気難しい性格で
機嫌がいいときと悪い時のギャップがある人で

こっちが、祖母の顔色や言動を読んでいかないと
自分が傷ついたり、痛い目をみることがありました。


私の母も祖母に育てられてますから
多かれ少なかれ
似たところありましたね。


また、父も
仕事のこととか、家族との関係がうまくいかなくて
不機嫌な時期が、ちょうど私の幼少期から高校生くらいまであって
これも
機嫌が悪い、母と喧嘩がおおい

とばっちりが長女の私にくるとか・・・


結構ありました



家族のせいで「私がこうなってしまった」という
意味でなくて('ω')ノ



そんな道のりがあって
今があることを
淡々と今

思い出しているかんじですね('ω')ノ


あとは、インストラクターという職業!


グループレッスンでもパーソナルレッスンでも



やはり
クライアントさんの
健康状態をリアルタイムでいつも観察していないと


お客様にとって
よいレッスン、運動指導ができないんですよね~
('ω')ノ


45人くらい1つのスタジオで
全員一緒に動く、エアロビクスとか
アクティブ系のグループレッスンは



私も、お客様もかなりのスピードで
ターンしたり、走ったり、ジャンプしたり移動する動きのなかで

急に具合が悪くなってる人はいないか
怪我してないか

レッスンがわかりやすいか
分かりにくいか

隣同士の手が当たったり
トラブルがおきてないか


45人くらいはいってエアロとか、ダンスと化する中で



この項目を目配りしながら
自分も激しく、動いて、喋る!('ω')ノ

これをやってきました~
インストラクターの仕事と、AKY「あえて空気読まない」こと_a0390917_22592600.jpg
こうやって、文字でかくと
インストラクターって、いろんな事をやってるでしょ?(^_-)-☆


なので、インストラクターさんのお友達は
「空気読める人」人は多いです
それでないとお仕事できないんですね



あくまでその人の性質によりますが('ω')ノ



子供のころの土台があったら
自分はインストラクター長く(私よりベテランさんはたくさんいらっしゃいます)
自分はやってこれてるのかな(*'▽')




なので、
私の
人の行動や言動をついつい読んでしまって
気に留める

たくさん情報を拾っていく」


行動は
子供のころから
やってきたことなんですね~

なので
今更、性格を直せるわけでもなく

ちょっと気にしていたんですが




長所でもあるとおもって

あえてスルーすることを心がける
くらいで
思って行こうかな?
(*'▽')


AKY・スルーすることを考えるようになったのは

会社員時代


人の気持ちを追いかけすぎて
人間関係が
悪くなってしまったり


結局自分が
その人の気持ちを考えすぎて
疲れちゃった経験があって


結構ね~


これ悩んだ時期が長かったんですよね~



今となっては良い経験になりました(*^▽^*)



その人の心の中で
起こっていることは
私の力ではどうにもできない



その人の世界は、自分と境界線がひかれた
別の世界だと

思うように。思えるように心の練習をしました



今も、時々

昔が顏をのぞかせるので


また、また。心がけようかな


と思った2月18日でした(^^♪

おやすみなさい!


by tororomai145 | 2020-02-19 06:18 | インストラクター | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 自分にとって運動すること ピラティスインストラクター初心者の頃 >>