人気ブログランキング |

バレトン&バーワークスマスタートレーナー渡辺麻衣子オフィシャルブログ hirosimabarrew.exblog.jp

広島にあるBalletoneとBarreWRXという国際フィットネスライセンスを取得できるスクールLien(リアン)代表。15年間で11万人のお客様の指導経験を持つ。トレーニング経験は5万時間以上のトレーナーであり、フリーインストラクターとして、一般からプロまでを指導。スクール情報や日常までアップ!!


by バレトン&バーワークスマスタートレーナー渡辺麻衣子
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

「母」と「私」からのビジネス

最近、膝が痛くて
なんでかな~と思っていたら




身体のラインをつくり変えるために
ボディーワークを日々やっていて
お尻、内もも、股関節の動きかた
脚の踏み方とかを考えて生活しているので



下半身のいろんなところで
これまでより
硬くなりすぎている筋肉もでてきていて
膝まわりの筋肉の調子が上下しているのかなと('ω')ノ



膝にフォーカスしすぎずに
身体が少しずつ変わってきている・・・・
と良いほうにイメージして
コツコツ続けていこうかな~('ω')ノ
(実際、お尻がちょっと上にあがってきた(#^^#))




ボディーメイクするときって
なりたい自分の身体の形をイメージしながら
ワーク(運動)をやっていくと


目標にたどり着き易かったりするかもと
最近よく感じます(*^▽^*)




「こんな角度でお尻があがったらいいな~」
(上がってほしい方向の矢印をイメージする)
「太もも周りはこのくらいのサイズがいいな~」
とイメージする



自分が「思う」ことって
現実に繋がっていく・・・・・

セルフイメージを高くもてているときは
仕事や生活がスムーズに運ぶような気がします(#^.^#)





ビジネスも(人生そのものも)

「自分を信じるちから」がつよく
自分を肯定できる人
セルフイメージが高い人が
目標を達成したり、生き残ることができたり

そんな側面があるとおもう
「母」と「私」からのビジネス_a0390917_09152905.jpg
でも私
「自分一人が思っているだけのことだから、世の中の何の役にもたたない」
と、自分の感じること
思うことに
自信が長い間もてなかった


ここ何か月か
自分の家族のルーツを見つめなおす機会に恵まれて




自分の家族のことを思い出し
整理し



家族ゆえの思考の癖
良いところ、悪いところ
色んなことを思いだして自分と照らし合わせ
観察してみている




この作業は自分のこれからの
ビジネス
いや、生きていくことに役だつ
大切なことと感じます(/・ω・)/




前を置きがながくなりました<(_ _)>
今日は母の話です。
お時間のある時に読んでみてくださいませ<(_ _)>
「母」と「私」からのビジネス_a0390917_12170661.jpg
私は母と
顏や姿が
そっくりに生まれついた




9.7割くらい母と同じ
身体のパーツを受けついでいる

どのくらいに似てるかというと


179.png小学校、中学校と
近所をあるいていると
ご近所さんも
私と母を見間違う


179.pngかかってきた家の電話に
「ハイ。渡辺です」と私がでると




「アッ。文(ふみ)ちゃん。○○さんとこに今日行ってきたわ~。
あそこのおじさんが~・・・」
と母のお友達が
子供の私に向かって話し始める



「母に今代わります」と
いうと


「アッ。お母さんが電話にでたのかと思ったわ~。」
と大人が慌てる



何てことも
日常茶飯事
(これ漢字あってるかな?)



骨格が似ていると
声帯の響きも似るといいますが
姿も声もとても良く似ている
母と子




そんな母


幼少期から私は母とまったく理解しあえなかった



文章で
上手く表現できないけれど




私が「良いこと」と感じて行動したこと
が、母に
ことごとく否定されたりすることが多々あった




162.png179.png高校時代のエピソード



下宿していた先の定食屋さんを
夏休み手伝った
下宿先の大家さんとも仲良くなって
人の役に立つ喜びがあって
とっても楽しかったし、感謝された(*^▽^*)




それが母に知れると
母は
「今すぐ、手伝いを辞めなさい」
「定食屋なんて、そんな汚い仕事をしたらいけません」
喜んでいる私を叱り



私のお手伝いは
3週間で終わった



「またか」と思う私

こんな事はこの時だけでなく



母には昔から
私が褒めてほしいこと
やってもらいたいこと
が伝わらない



急に怒り出してヒステリックになることもあった
母の怒った時の高い声は
私の一番聞きたくない
音だった



一旦怒り出したり
モヤモヤしだすとまらない


私が母を無視したり
電話にでなかったりしても
電話に私がでるまで
何回も何回も電話を鳴らす





私が喜びに感じることは
母にとっては
全く逆の意味を持つ行為




何故、だめなのか
私が悪いことをしたのか


母の感覚がわからなかった



バイトを辞めることを下宿先の大家さんに
伝えるのは私だったので
(今、思えば、なんで私が言わなくてはいけなかったかわかんない)



そんなことがあると
大家さんとの
人間関係も少しぎくしゃくした




こんな風に
幼少期から母に
自分でも説明がつかない嫌悪感を
抱いてそだった



姿も良く似ている・・・・
母の血が身体に流れているのに

母を理解してあげられない自分
母をいつも怒らせてしまう自分が嫌で

辛かった


そして、いつか
私も
この人を同じ
ヒステリックに人を怒ったり
人に複雑な気持ちを抱かせる大人に
なるのかと

恐怖を感じた




母はあまり外で働いた経験がなく
対人関係は
ほとんど
家族のみの人



純粋な人
人にきれいごとを言わず
全てストレートに表現する人
人にへり下っていくことをしない



70歳をゆうに超えた今でも
永遠の少女のような母
母には母の宇宙があって
独特の感性があった
「母」と「私」からのビジネス_a0390917_12363967.jpg
母も私の気持ちを無意識に感じていたのか



私への接し方は
手厚くなりすぎた感があった
(執着といってもいいかもしれない)




死ぬまでこの
実家の近くに家を建てて暮らしなさい


母と離れたら人生良いことにならない


私の言うことをなぜ聞けないのか?
よく母が言っていた言葉




母はとても頭が良くて勉強できた人だったらしい
私は母と同じになりたくない反抗心だけはあったので
あまり勉強しなかった



どうしても
母と同じ道を歩みたくない気持ちがつよく


母は私が勉強しないの
とても怒っていた

なぜ、
私の子供なのに
私と同じように
麻衣子はできないのかと
「母」と「私」からのビジネス_a0390917_09583169.jpg
カオスな文章


よく皆さんここまで読み進めてくれました<(_ _)>
ありがとう。



そんな少女時代だったので
高校の時から下宿生活


私は早くから家族と離れた



短大の時は勉強が楽しくなり
首席で卒業することもできて



母と距離をもつことで
少しずつ「渡辺麻衣子」を見つけていく
時間を過ごした


今でも


時折
自分が良いと感じたことに対して
行動していくときに


「また否定されるのではないか」

「母と似たところがあるから、人に無意識に迷惑をかけていないか」
自分をチェックする習慣が私のなかにあって




実際

母とは一緒に暮らして育ててもらったのだから


母と似たところ
(癖)



よく言うと「天然」
悪く言えば
「空気がよめない」

ところは私にはあるけれども



それを理解したうえで
付き合ってくれる人間関係に
恵まれていて




優しい人達に囲まれて(*^▽^*)
やっと心に余裕が・・・・



「麻衣子ちゃんはお母さんと中身は全然ちがうよ」って
言ってくれる方も


ずいぶん、気持ちが軽くなりました



母の事について
ブログが書けるようになれました
気持ちの余裕をくれた仲間と周囲の方々に感謝です(#^.^#)
「母」と「私」からのビジネス_a0390917_10192931.jpg
そして
母のおかげで

自分を客観的にみれる
習慣が身に付いた
かも


過度に「人にどう思われるかな・・」と心配しすぎまでは
行かないように気を付けています




母も
父の事業の大変な時期が過ぎ

(父の事は過去ブログを是非お読みください)
https://hirosimabarrew.exblog.jp/240329448/


祖母の痴呆・介護と自分一人で向かい合って
祖母の他界を見届けて

「すごいな」って
尊敬する部分も



「やる」と決めたら
人に何を言われてもやってのける人



実は私を産むことも
お医者さんに反対されていたんだとか



(母は身体も弱く、股関節の手術をしているので
お産をきっかけに股関節の症状が悪化するかもしれなかったようです)




日本舞踊の先生をしていますが
女の世界のなかで
中傷・批判
厳しいことがいろいろあったと私に
話してくれました



自分に否定的な出来事が起こったら
辛いですが

受けとめ方や、その後の対応で
辛い出来事が
より深い人間関係に発展したり
良い方向に変わっていくことって
ありますよね(*^▽^*)



なので
母の体験談は反面教師的な
参考になります


カオスな母(笑)


でも今は落ち着いて父と仲良く暮らしています。



お母さん

私はあなたとは違う人生を歩むけれども
あなたの子供に生まれて
よかったです

ありがとう(*^▽^*)


トラックバックURL : https://hirosimabarrew.exblog.jp/tb/240337613
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
by tororomai145 | 2020-05-21 10:51 | 繋がり・絆・ご縁 | Trackback | Comments(0)