人気ブログランキング |

バレトン&バーワークスマスタートレーナー渡辺麻衣子オフィシャルブログ hirosimabarrew.exblog.jp

広島にあるBalletoneとBarreWRXという国際フィットネスライセンスを取得できるスクールLien(リアン)代表。15年間で11万人のお客様の指導経験を持つ。トレーニング経験は5万時間以上のトレーナーであり、フリーインストラクターとして、一般からプロまでを指導。スクール情報や日常までアップ!!


by バレトン&バーワークスマスタートレーナー渡辺麻衣子
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2020年 03月 08日 ( 1 )

お小言を言う

昨日、養成コースの生徒さんに
お一人おひとりメールでフィードバックした~


ってお話だしました


実は

お一人男性20歳の生徒さんがいらっしゃって


その方に対して

辛口アドバイスを
お伝えしました


私も
言う時は言うほうです




怒っているわけではないんです。




言う必要があると
思いました




私自身
個性的な人間なので
外の世界から
「変わっている人」と扱われる経験が多く
それで
傷ついたり・・・
考えさせられる・・・
体験が多いので




いろんな個性。考えた方。ポリシー。
に対して



寛容でありたいと思っています(^_-)-☆




いろんな考え方。
いろんなスタンスが存在していいと感じて行動しているつもり





そのうえで


インストラクターを育てる
人材育成する
時に


人材育成で、私は生計をたてている
食べれていると
思うと


ここは寛容になってはいけない
という

ラインがあります
お小言を言う_a0390917_20043621.jpg


養成コースの大きな参加費の
金額分


お客様を満足させる

という使命を

自分が果たせているかどうか





大きなお金と時間をかけて
私のところにライセンス取りにきてくださったのに



ライセンスが取得できない
ライセンス取得したのに
取得後に
悩む
クレームがでる


といった


長く
インストラクターとして
継続できないようなことに
なってほしくない!




辛口アドバイスをつたえたのは


20歳の男の子


一旦、花粉症で発熱し
メンバー全員と一緒に日程変更した後



次に会ったときは教科書を忘れてきて
課題を覚えてこず
バレトンインストラクターとして
指導ができない状態




3日目の最終日も

合格にできない可能性
が互い


このままだと

彼は


合格だしても
バレトン指導で
いつか行き詰まる
かもしれないと
感じました




これは


一言

気合いを伝えないと
いけないなと
思いました
お小言を言う_a0390917_20481987.jpg

理解できる人間の方にしか

私は

伝えません



直観で
彼は理解できる方だと感じました



彼には



今のままでは合格は出せないこと
新米でも15年経験があってもお客様にとってはプロはプロで
お金を頂いているといるということ
それが仕事だということ




昨日飲みがあったとか
卒業式があったとか
熱がでていたとか



それは
お客さまには関係ないこと
自分の都合だということ



君はもうプロであるということ


そして

この文章が誤解なく
彼の心に伝わるように願っていますと
書きました

お小言を言う_a0390917_21024334.jpg
もう

彼は

この養成コース辞めてしまうかも


と思いました




そうなってもしょうがない


これが



大事だと信じていること




これしかない
これ以上でも以下でも
私だから

嫌われてもしょうがない

とおもいました
お小言を言う_a0390917_21125271.jpg
先生という職業は
何の分野でも



嫌われる覚悟をしとかないといけない
職業です


人に


いろいろ指導して
えらそうに
のたまうわけですから(笑)



合わない人
理解しあえない人は
当然でてきます



この仕事をするうえで
その覚悟は必要です



万人に好かれようと思わないこと



でもね~



小心者だから
(笑)


嫌われたら
悲しいし

寂しいし
追いかけたいし


正直、みんなに好かれたい
みんなにyesされたいわけです~


だから


彼にメールしても
正直


ドキドキで


「もうバレトン養成コース辞めちゃうかも」
「バレトン嫌いになってしまうかも」


と心配しました



でも、彼は


メールで返信があって



3月中に、課題を覚えて
先生に見せに
呉のスタジオまで行きます」
('ω')ノ

と言ってくれました!


嬉しいです!



小心者の私(笑)



よかった!


バレトン嫌いになってなくてなかった!
お小言を言う_a0390917_21264153.jpg
彼が勉強続けてくれて
ホットした


そんな週末でした
($・・)/~~~



でも


私自身


結構



「プロってなんだろう」

「自分はプロなんだろうか?」
「プロと言っていい
人間なんだろうか?」と
長い間

自問自答していた時期がありました



怪我したり
インストラクターらしくない



繊細で
弱弱しい面も自分のなかに
存在していたので


自分はプロですと
胸をはっていったらいけないくらいに
思ってた時期がありました



でも、


15年インストラクターやってきて



沢山怪我をして
沢山代行だして
レッスンできない時も


お客様が
私が元気になるまで

待っていてくださいました




それは当たり前だと思ってはいけないことだけど



「先生、はやく元気になってね。」
と必ずまたレッスンを受講しに来てくださる



そんなことの繰り返しを
経験するうちに



もう私は
プロなのだ

お客様がプロとして認知してくだされば
もうプロだし


私自身が
プロで
ありたいと思えば
もうプロなのだと


10数年の間に
考えは固まりました


いまは


20歳の生徒さんに
プロとは何ぞやと
いっている私ですが


イジイジ悩んだ調本人なんです。



昔の私を経て

がある


どうか

新しくライセンスを取る世代が
末永く

フィットネスインストラクターとして
自信をもって
働いていけるように


少しでも

役にたちたいです


応援したいです


頑張れ!


それは


生徒さんに送る言葉でもありますし
わたし自身へ
言っている言葉です


このブログを書きながら



老舗フィットネスジムの経営者の先輩と
ブラッシュアップ日程の打ち合わせメールを
やり取りしていました



私のブラッシュアップをいつも
受講して下さる
大先輩

この方のように
輝いて人生を送りたい

そう思える方

3月20日バレトンブラッシュアップでお会いできるのが
楽しみです!!!





by tororomai145 | 2020-03-08 21:42 | 健康・美容・資格 | Trackback | Comments(0)