人気ブログランキング |

カテゴリ:心( 10 )   

自分の力で「私を信じて輝く」こと   

最近、自分のバレトンの映像を自分で撮影して
仲間に送るってことがあって


よく、こういう機会は
あって
生徒さんから質問があると
LINEで短い映像をとってお送りしたり・・・


こういう機会
写真撮影とかでもそうなんですが


実は、緊張します!
((+_+))



いえ、動けてる。それなりに動いて撮影して
送るんだけど!('ω')ノ



なんか
もう一つ動きが硬い
もう一つ大きく、心を開放して
表現したい
できるはず
('ω')ノ



そんな思いが、自分のなかでいつもあります



映像とって、自分でチェックすると
それが客観的にみれるので
勉強になるし


ほんと、自分の課題だな~って
何年も思うことなんですが
改めて思いました

自分の力で「私を信じて輝く」こと_a0390917_18521744.jpg
(画像はネットからお借りしております)



やっぱり
「この映像見た人はどう思うかしら」と
頭の隅っこでどこかで考えてしまう
ところありますね



「動きがどう評価されるか」
「上手に動けてるか?」



私は
評価されることが怖い
のですね
((+_+))



それで、無意識で
体が委縮してしまうことが
起こっているんだと
思います


これまでが
日々思ってきたことで、



今日、ふと頭に思いうかんだこと
があります!('ω')ノ


「無意識に委縮してしまっている
流れをスパッと
終わらせよう」


「人にどう思われるかではなく
自分の力で自分を信じて
輝いて
映像に映らなければ!
これからは
やっていけない!」


結局、何を考えていても
行動しなくては現実は変わりませんよね~





結局「自分がやるか、やらないか」




長い間

心の習慣で、



他人の目を気にして
「遠慮して動く、目立たないように動く」
「他人になにか言われないように行動する」
「能力もないのに、調子にのらない」
これを無意識に私は何年もやってきたので




フリーランスで自由の身分になっても
癖になっていて
古い習慣を引きずって
生きている瞬間があるんだな~と



発見('ω')ノ



今日、自分で初めて自覚して、腑に落ちました('ω')ノ
自分の力で「私を信じて輝く」こと_a0390917_18513700.jpeg
私が腑に落ちるまでの流れ
「委縮してしまう」
「自分を殺してしまう」
癖がついてしまった流れについては



このブログで何度か



「理由」を
自分で探してみなさんに
心の内側を公開しています



・子供のころから、よくも悪くも目立つことが多く。
 ちょっと目立つと他人に悪口いわれるので。
 傷つくことが多く、
 嫌で遠慮して行動していたこと

・大人になってからも、会社の常識だからと言われ
「空気を読む」ことをがんばって人に、社会に順応しようと努力したが
 結局、自分は自分でしかなく
 努力しても、人間関係がうまくいかなかった経験がある

・怪我をしていた。いまも痛みがある部位があること
・体調も崩していたこと



これが自分で今まで、「できなかった理由」



こう文章で書きだして
自分の人生を振り返ることで
自分年表を目で確認する意味はあるかもしれませんが




でもあくまで「理由」は理由であって
それ以上にはならなくて



自分の行動と思考を
変えることって
「パン!」って手をたたくように

一瞬でできるんだとおもいます




劇団に所属していた頃もそうだったけど
舞台にあがったのなら
「やるしかない」
舞台にたつ資格があるか、ないか考えてる時間はもうない
・・・・・・・・




自分が女優である
演技する者であると
信じる

暗示をかける
事をして演技していましたが
それって「一瞬」なんですよね
自分の力で「私を信じて輝く」こと_a0390917_19553899.jpg
逆に


自分を信じられる

のびのびと気分よくいられる、動ける瞬間って


思い出してみたら



・周囲がプロのダンサーばかりで「綺麗に動く」こと堂々と動ける人の集団のなかで、自分が動ける時
・人に褒められたとき
・他人との、コミニケーションがうまくいったとき
・良い出来事があった

そんな時ですね('ω')ノ



こうやって書き出すと一目瞭然



他者の力や、
外の環境の力を借りて
私は
活き活きできることが多い
('ω')ノ




もちろん
周囲のおかげで「生きている」ことへの感謝は
変わりません



でも

もう少し




私が私の内側から
自分を信じて
輝ける・行動できるように
なれたら
(#^.^#)



それが

新たな人生の転機からの
私の次の課題なのかな・・・・・



今日はふと、そんなことを思いました(#^.^#)




以下、Lien(リアン)スケジュール載せておきます
お問いあわせお待ちしております


5月3・4・5日 バレトン スタンディングフロー・インストラクター養成コース
(詳細は下記バナーをクリックすることでご覧になれます)
3月20日 バレトン インストラクター(スタンディングフロー)と
バーワークス インストラクター 
資格更新ブラッシュアップ 


4月12日 バレトンもしくはバーワークス 体験レッスン&ブラッシュアップ


4月26日 東京 代官山トークマルシェ登壇


5月6日 バレトンもしくはバーワークス体験会
バレトンもしくはバーワークスブラッシュアップ
(詳細は下記URLからご覧になれます)https://hirosimabarrew.exblog.jp/fp/burassyuappu/



5月17・24・31日 バレトン ソールシンセシス インストラクター養成コース
(詳細は下記URLからご覧になれます)



6月1日 バレトンもしくはバーワークス体験会
バレトン・バーワークスインストラクターブラッシュアップ
(詳細は下記URLよりご覧になれます)


7月23・24・25日/8月30日 バーワークスインストラクター養成コース
(下記、URLよりバーワークスの魅力についてご覧になれます)


by tororomai145 | 2020-02-22 20:24 | | Trackback | Comments(0)

自分を「好き」になること   

2月14日バレンタインデーでしたね
(*^▽^*)



甘いものは好きなので
この季節、結局、自分で
美味しいチョコを買って
一人でワインと一緒に・・・飲むのが


太るもとですが ^^) _旦~~



これが1番おいしい!


今年はお世話になっている3名の方へ
だけ
感謝チョコを
お渡ししました~



世の中が
愛と感謝にあふれていた今日(#^.^#)


ふと
思ったのは


「私は、私自身を好きなのかしら?」
「私、自身を愛せて、生きてる?」
そんな事を思いました


まー。そもそも


こんな風に思える
時間や、心の余裕ができてきたってことで
私って、幸せなんだなって思うんです


昨年の、今頃

1年前の自分は


まだ会社員で、会社を辞める決断もしてない頃
バレンタインも誰にチョコを渡すでもなく
渡す、渡さないを考える
心の余裕はなかったな~
(^-^)



1年後、こんなに穏やかな気持ちで

しかも!
ブログを書いてる!
('ω')ノ

そう!1年前は想像してなかったな
自分が毎日ブログ書くようになるなんて('ω')ノ



人生って不思議ですね
(会社辞めるのが、いいとか。悪いとかは置いといて)


一歩、踏み出して行動したら
心が穏やかになったり、自分の行動が変わったり
世界が全然ちがってくる


1年前の私があったら
今日の私があるんだと思うし
過去の自分に敬意をはらいながら


今日の自分が人生で一番
好きかもです
(^_-)-☆
自分を「好き」になること_a0390917_22193198.jpg
自己啓発本とか

3・4年前くらいまでたくさん読んでいた時期がありました



今は淡々と毎日を頑張る!前進することに集中したいので
本はまるで読んでない生活
(極端なんです(*^▽^*))



啓発本は、読んだら気持ちが
楽になるというか
ポジティブになれる手助けをしてくれる



本の中で

共通して書いてあることは


「自分を愛すること」
「自分を好きになる事」
「自分を信じること」

これが大切だと
書いてある



まー
(*'▽')
その通りなんだろうな

納得はする
そうだと思う


だって、例えばバレトンとか全力でみなさんに勧めてる私は
バレトン本当は、信じてなかったら・・・

それって信用にかかわるし

それって根本から崩れる・・・


これはたとえ話(#^.^#)!で


私という人間が
私を信じてない
実は好きじゃない

自分を信頼していない人を
人は信用してくれないのかもしれない
ついてきてくれないのかもしれない
自分を「好き」になること_a0390917_20422876.jpg
でも

本に書いてあること

実は

全部納得いってない

腑に落ちてないような
ところが

自分のなかに・・・うーん

あるな!
あります!

あるかもしれません!
いえ。あります(*^▽^*)


なんか、いつも「自分好き!」「大好き」
それだけではいられない
瞬間は!!
ある


もしかしたら
それは「自分を芯から信じていない」
って言えるかもしれません


気持ちの奥底に
「盲目的に、自分を信じる」
怖さみたいな
ものを私は感じています



わたしも自分を疑うことは
実は
しょっちゅうあります~



古い記憶というか

子供のころから
作文や絵で賞とかとったら
友達から嫌味をいわれたり

目立つと、いろいろ周囲に言われるので


無意識に
「おとなしく、
普通のラインでとどめておこう」


みたいな、
全力を発揮することへの
恐れ


無難に生きることを
いつも選んでしまう癖


自分はあると感じています


レッスンとか、身体を動かす仕事をしてますが
すこし、小さく動く癖が
私はあって

いまは、意識して

いつも全力で、100パーセントで
動くように

頑張り中




そんな癖が
ちょこ、ちょこ顏を生活のなかで
出す私


「私は、私がすきですか?」
と自分に聞いてみる・・・・


ポク・ポク・ポク・ポク・ポク・ポク・・・・・・・・

チーン!!('ω')ノ
(一休さん)(わかる人はわかる(笑))




インストラクターやってたり
女優やってたり
自分の写真を公表したりは
嫌じゃないし



基本、「自分好き」な人間でないと
上記のことはできないと思う( ^)o(^ )



会社員も、私自身が「自由」すぎて(笑)
枠に収まりきらなったわけで

フリーランスの今の自分

大好きです!(*^▽^*)
自分を「好き」になること_a0390917_20421979.jpg
基本は「大好き」なんだけど

時々、昔の「癖」が顏をだすんですよね~


例えば

自分は本当はこの日仕事入れたくないけど・・・
相手お顔色みちゃったり
相手の気持ちを先読みしちゃって

お仕事、沢山受けちゃって

自分が疲弊してしまったり



つい
自分を後回しにしてしまうことが
あるかな~


結局

自分を好きになる
自分を信じるって



実行するか・実行しないか
信じるか・信じないか
それだけな事かもしれません

考えて躊躇している
うちは
一歩踏み出せていない



ツラツラ
自問自答書いてますね~




ポジティブに考えると!
(*'▽')


1年前の私は

こんな「癖」が自分のなかにある事すら
気づいてなかった訳で


気づいて
意識できてきたってことは

これも成長!
(*'▽')

あ!

でも、最近、自分を甘やかして
結構
沢山食べてたりすることもあって

甘やかし注意です!

気を付けます!



バレンタインデー
愛溢れる日

今日もツラツラ・・・・・ブログがすすみました('ω')ノ

みなさん!ここまで読んでくださって!
今日もありがとうです!
<(_ _)>


by tororomai145 | 2020-02-14 22:56 | | Trackback | Comments(0)

祖父と祖母のこと   

今日は大好きなビジネスの先輩と、お電話でお話することがあって
勇気がもらえました(^-^)



1月は、新しい環境に慣れるのに精一杯で
ちょっと「息切れ」した感じも
ありましたが


これで明日から2月に向かって頑張れそう!
(#^.^#)



さて、今日は「家族についてシリーズ」
(勝手に命名)



(父ちゃん、母ちゃんは ^^) _旦~~すでに登場しております)
https://hirosimabarrew.exblog.jp/239898025/
https://hirosimabarrew.exblog.jp/239932847/
my過去ブログ貼っておきます
(*^▽^*)



今日は、祖父と祖母について
(2人とも他界しておりますが、空の上で読んでくれてるね。きっと)
祖父と祖母のこと_a0390917_22152811.jpg
私がここで「祖父」「祖母」と紹介する人達は
私の実のおじいちゃん、おばあちゃんではありません。


私は本当の祖父と祖母とは一緒に暮らしたことは
なく。


私が「祖父」「祖母」と呼ぶ人達は
本当は
「大叔父」「大叔母」にあたるのだと
思います。


私の母は
小さい時に、本当の親に育てられず
母の親の兄弟夫婦の家庭に養子に入って、育ったそうです。



私の父や、母の時代は
そのような事例がたくさんあったと
私は自分の父から聞きました。


母が引き取られた家は
「渡邉家」


屋号を「山中」(やまなか)という
その名のとおり、山の中の一軒家です。


私の母が「お父さん」と呼ぶ
私の「祖父」は
私のきいた話では
体を弱かったため、戦争には召集されなかったそうです。


そうかもしれません。祖父はほんとに
体付きも細く、
子供の目にも、元気に活動しているところは
記憶にありません。


祖父は、近所のお宮の「総代」(ソウダイ)
(神職ではないけれど、地域氏子の代表を務める人)
を長年務めていたようです。
私の記憶でもとても信心深い人でした。


お寺とも関係が深く
「門徒」(モント)の、やっぱり代表格
だったようで


祖父が亡くなった後も
地域から、一目置かれる
そんな「渡邉家」、祖父でした。


祖父は優しい人だったように思います。

大きな声で怒鳴られた記憶はあまりありません。
(注意されたり、諭されたりはありました)


祖父に諭された内容で覚えているのは
「節約」「節制」
水の使い方、履物のそろえ方
トイレットペーパーの1度の量
そんなことを
教えてくれた祖父でした



母を心から可愛がり、戦争が終わって間もないのに
「芸は身を助けるから」と
母に日本舞踊を習わせ
母の将来を真剣に考えていたんだと、思います。



そして、母そっくりの孫の私を
とても可愛がってくれたのを
ほんとによく覚えています


祖父が小さな私に
「お雛様」だからと


野原で畑仕事の合間に
木の丸太を切って
2つ並べて、お内裏様とお雛様
木くずを「桜」にみたてて
パラパラ
お雛様のうえに振りかけて


「麻衣子。お雛様。おめでとう」と
お祝いしてくれたのを
これを書きながら思い出しました(#^.^#)


覚えているのは
嬉しかったからだろうな~
祖父と祖母のこと_a0390917_22512280.jpg
「祖母」は
祖父とは、違う質の「厳しさ」をもっていました


祖母は
ぶっきらぼうで、人につらく当たる事しかできない
いえ、
そんな言葉しか口から発声できない
気質をもっていました


祖母の兄妹(5人くらいいた)に
会ったことがあるんですが
みんなおんなじ性格


子供心に「この兄妹とお家で育ったならしょうがないかも」
と感じたような・・・


優しい気持ちはもっていて
義理の娘の母をとても可愛がっていたのは
よくわかりました


砂糖をふんだんに使って
手作りのお菓子を
祖母はよく作っていました


母が小さい時は
頻繁に作っていたそうです。


母の娘である私の事も
嫌いではなかったというか
可愛がってくれました。


保育園、小学校に行かない私を
「行きたくないなら、行かなくていい」と
(ぶつぶつ、文句をいいながらも)
(*^▽^*)

面倒みてくれました


性格が男の方みたいな人でしたね


心で思っていることを
素直に言えないというか
極端に(ほんと、極端に)
反対の事を、口から発声してしまうんです


私が小さいときは
小学校の低学年くらいまで
学校がえり、途中まで迎えにきてくれていました。


小さいときによくしてもらった
祖母の「おんぶ」

祖母の匂い
よく覚えています


草や、汗の匂いが入り混じった
お世辞にも、いい匂いではありませんでしたが


普段、悪態を家族にむかって
ついている祖母の
優しい面に触れる瞬間が

私は好きでした
祖父と祖母のこと_a0390917_23064954.jpg
今も、私の田舎の匂い
懐かしい匂いというキーワードで
思い出すのは


この祖母の「おんぶ」の時の
背中の匂いです


女性ながら肩幅はとても広く
筋骨隆々
ほんとに、祖父に上げたらいいのにというほどの
体付きの祖母


晩年、病気を発症するギリギリまで
畑仕事をしていたそうです


優しい祖父ではなく
祖母の匂いを小さい時の匂いで
思い出すのは


幼少期のそれだけたくさんの時間を
祖母と過ごしたせいでしょう
(祖父のほうが他界が早かったので)



「おばあちゃん。
小さいとき一緒にいてくれてありがとう!」
(*^▽^*)」

生まれ育った家から
離れて何十年とたちますが


「理想の暮らし」と言われると
実家の暮らしが「理想」に
年々、なってきました


5年前くらいは
都会が一番、食べ物も洋風の食べ物、お酒
が私の大好物でしたが


自分の食べ物
住みたいところ
いろんな好みが
変化しつつあり


それが、「生まれ育った場所」に
年々近づいてきている
いえ
戻っていっている
のを感じます。


コンビニもなにもない、いまでも
近所に家がない
静かな家


そこには一生もう
住まない、住めないのかもしれないけど


気持ちが落ち着く場所です



by tororomai145 | 2020-01-29 23:25 | | Trackback | Comments(0)

心に「汗」をかく   

1回。情熱こめて書いていた記事が消えて
焦りました( ゚Д゚)



養成コースの時や、日々に感じること



私たちは
新しい情報を体にとりいれる時
「勉強」するとき



「心に汗をかいている」
じゃないかなって
(*_*;

慣れない仕事を覚える段階と一緒で
勉強するときって


思うように覚えられない
教えてくれる人の言うように体が動かない


どうしよう!


私も今!飲食の場で働かせてもらう時間もあって
「どうしょう!」
まだ全体が見渡せてないときって
ほんとに焦る・困る



心に冷や汗かいてる
(ほんとに背中に冷や汗かいてる)(笑)



インストラクター養成コースを自分主催で開催するようになって
特に感じる


他県から交通費をかけて
広島に来てくださって

バレトンの勉強して
トレーナーのアドバイスに耳を傾けて
取り入れる


受講料も支払ってくださる


時間とお金をかけて
半日、1日を私の研修のために


本当に、ありがたい<(_ _)>

養成コース中
皆さん、初めて習うことに
戸惑い


すぐにできなくて
悔しくて涙がでることも


場合によっては
「ほんとにインストラクターになりたいですか?」
「ほんとにここ、理解できてますか?」


って、一歩踏み込んだ
お話になることも



思うように理解できた!
練習して、うまく実技ができるようになったら
嬉しい!
自信がついて
立ち姿も変化したり



実技で、体から汗をかいて
同時に
みなさん「心」を動かし
心に汗をかかれている

心に「汗」をかく_a0390917_22564893.jpg
養成コースに携わっていると
参加者のみなさんの
人生や、心に触れられる瞬間があって
その方との人間関係が
始まる感じがする~


と、
この瞬間

私の心からも「汗」が
(*^▽^*)
わーい



運動分野でないお仕事の方も
同じように
心が揺れる瞬間や



ポジティブ方向でも、ネガティブ方向でも
心動く瞬間
あるとおもう


お仕事して
汗を体と心からかいて


私たちって「生きてる」んだな~

心に「汗」をかく_a0390917_22564260.jpg
広島県呉市が被災した時があって

その時

水道(上下)がとまった



夏場だったし
お風呂に入れない
トイレからは、やはり異臭がする


電気は幸いきていたので
不潔な感じから逃れたくて
家のお掃除をすごくした
けど


お風呂とトイレが
利用できないと
やっぱりお家が汚いきがした


はじめて

生きていくって
大変なんだって
実感した

苦労したとか、しないとか
苦しい大変だったとかじゃなく



「生きる」って
ことを感じられた
時間だった
(^-^)


今日も、「生きた」ね!

お疲れ様です!

読んでいただき。みなさんに感謝!
おやすみなさい!


































by tororomai145 | 2020-01-22 23:35 | | Trackback | Comments(0)

心と体は繋がっている・・では「いない」時は?   

広島県は朝から1日雨でした
大雨ではないけど、寒く感じる1日でした


島根県出身の私からすれば、広島県は晴れの日が多い


島根県はよく、よーく
雨の日が多かった


岡山県に住んでる時もそうだったけど
他県に住んでみてはじめて
「島根県ってほんと雨が多いな」って感じる



雨の日が普通なので
「雨は嫌いではない」
雨が降ると、草木のほこりが洗い流れて
空気がきれいになっていくような
気がして
雨の日は、雨の日なりに
楽しみ方があると思っている私(*^▽^*)
心と体は繋がっている・・では「いない」時は?_a0390917_22552620.jpg
さて、フリーランスとして働きはじめて
6か月目


6か月前と比べて
体調が良い

正社員当時は
インストラクターなのでお客様に公にできなかったが


何年も体の調子が悪かった


整形外科的な痛みで
体が動きにくく
レッスンもどこか痛くて、それでも仕事なのでやる



体の疲れから、胃が動かず消化しないので
たくさん食べれない




自分でストレッチしたり
色んなサプリメントや食べ物を試したが
根本的な解決にならず



会社を休むことも
多かった


年齢もちょうど曲がり角
体が変わっていく時期と重なったのだろうと
思うが



やはり精神的な
ストレスが体に現れていたのだと感じる

心と体は繋がっている・・では「いない」時は?_a0390917_23085681.jpg
ストレスの原因はなんだったか
それは今となっては問題ではない


そんな時期だったのだということだと思う


「どうやったら調子が取り戻せる?」
「なんとか元気な顏でお客様の前に立ちたい」
と考えて、右往左往してみる
ことが
自分にとって良い勉強になった


右往左往していた当時はしんどかったけど( ゚Д゚)
今はそう思えるようになった


そう

「心」と「体」は連動している
繋がっている



では、逆に

心」と「体」が繋がっていない瞬間は
あるんだろうか?


逆を考えると
面白いのでいつも考えてみる


('◇')ゞ( ゚Д゚)(''_'')(^-^)!(^^)!


いや、心のストレスが自然と
体に現れることがあるのだから・・・

どんな時も「心」と「体」は
繋がっているのだろう

あー。
でも、繋がっていることを
自分が「認識」しているのか
していないのかは
わけることができるかも(''_'')





いろんな場面を思い浮かべてみる



・お腹いっぱいなのに、ついつい食べ過ぎる
・体が痛くてつらいのに、さらにトレーニングする
・笑っておけば平和だと、愛想笑いが癖になる
・仕事がスケジュールいっぱいなのに、「人の役にたつなら」と
ついつい無理して仕事をいれる


など



いま、思い浮かんだものは
自分もたくさん経験があって、


繋がっていることを
忘れてる
認識していない時間
多くあるのかもしれない
心と体は繋がっている・・では「いない」時は?_a0390917_20063391.jpg
無意識って
純粋な面もあり
時には無意識なのがかえって
大きな威力を発揮することもあって


無意識って、
注意しないといけないなって
常々思う
(思うだけで、やらかしてることは多い<(_ _)>)





てな、事を
今日の雨の日に(お仕事させてもらいつつ)
今日は考えていた(^_-)-☆



でも、無意識な時間を
「悪いこと」「反省すべきこと」ととらえると
しんどいので('ω')ノ




両方の自分を
語れるようになった
意識的に見つけられるなれるようになった


以前の自分よりは一歩進めたかな?

('ω')ノ


「心」と「体」を四六時中
意識ずっとしてたら(笑)


疲れるし!!




でも、
「心」と「体」の繋がりというお題は
私の近くに
いつもあって(*^▽^*)



このお題
考えるの好き




明日もこれからも
考え続けるんだろうな・・・・


だからLien(リアン)
フランス語で「繋がり」「絆」
私の事業名、仕事の名前('ω')ノ


「繋がり」の部分は
韻を踏んでるような部分もあるけど
韻が踏める日本語ってこんな時。
素敵(^_-)-☆




by tororomai145 | 2020-01-14 23:53 | | Trackback | Comments(0)

私が私であることの罪悪感&バレトン体験会開催   

バレトン スタンディングフロー/ソールシンセシス
2本立ての体験レッスンを開催しました!
(*^▽^*)

(はい。バレトンは実は2種類の型が日本で実施されています)



ご参加くださった皆さん!
ほんとにありがとうございました!



正味2時間、動きっぱなし。
でも、きちんと動く前にウォーミングアップを座位からやって
立位で筋パワーがきちんと働くように
下準備~してからうごきましたよ~(*^▽^*)


実施してみて、
やはりスタンディングフローは
やった後の体に残る感覚が
優しい。姿勢が良くなる。スッとした気分になれる。


ソールシンセシスは
足が鍛えられる感覚。
実施後の感覚は筋肉を使った感があり、
前進から発汗します。
達成感がある。

私自身も2つの違いを楽しみながらレッスンさせていただきました

私が私であることの罪悪感&バレトン体験会開催_a0390917_20062219.jpg
参加者の方からも帰宅したらメールで感想が届きました。
「楽しかったです。またレッスン受講しに行かせてください。今後ともよろしくお願いします。」

( ;∀;)泣
嬉しい。



養成コースや日々のレッスンで
お客様に喜んでもらえると、何年やっていて嬉しいです。
そして、お客様からダイレクトに反響があるときは
だいたい、私自身が楽しんで実施しているときが多いです。




ふと、思いました今。


   
(''_'')ちょっと話の方向性変わりますよ



自分で自分を分析すると
結構、自分て天然というか
思った事を
スッとすぐ
言ってしまうところがある
って自分で思っていて



自分なりに、気を付けてはいるんです
(これでも)

例えば、大きな研修会でスポーツウェアのスポンサーがついていても
違うメーカーのウェアを「その時着たいとおもったから」
自由に着て研修うけてたり(''_'')



目上の方を立てたりする
技を知らないというか



人を傷つけたりはしたくないし
しないけど



上手に、スマートに人と付き合えないところが
あるなと思っています(*_*;



とにかく、
「ここで言わないほうがいいだろう」ということも
素直に口から出してしまう
(たいてい、後から気づく)



(これは、親譲りですね)
(両親は人付き合いを円滑にすることのために発言しない2人)



美味しいとか、楽しいとか
好きとか嫌いとか



自分の小さな世界の感想が
自分の気が付かないうちに
発言力が広がっていて
それを聞いた人が
いろんな感想を持つ
なんてことが私は多いです。

私が私であることの罪悪感&バレトン体験会開催_a0390917_20060189.jpg
会社員でインストラクターやっていたりすると
常識的にふるまうことを求められることも多々あったので



自分の感じた感覚や、思ったことを
発言する前に、行動する前に
一旦自分のなかでかみ砕いて、吟味してから
表面に出すように努力してたり
(これでも)



人を傷つけたり、人間関係が悪化しないように
気を付けるあまり


いつのまにか


自分の感じたことをを
疑ってかかる

自分を信じられない癖
がついていたのかもしれません。


自分が自分であることに
罪悪感が
ありました
私が私であることの罪悪感&バレトン体験会開催_a0390917_20061776.jpg
フリーランスに転身して
この世界って
いかに個性的かやパーソナリティーがある事が
大事なので
心軽くなりました



私というインストラクターを
良しといってくださって
「是非、うちのスタジオでレッスンして」と言ってくださる人


お客さま


今日、体験レッスンに参加料を払って参加してくださる人
(お礼のメールまで)



日々、素敵で嬉しいことが多い日々に
世界が変わりました(*^▽^*)
(パソコンと確定申告は悩みの種)


今日思いました(^-^)

いろいろ考えずに
私は私でいいんだ

そのままで「良し」と
認めてくださる人達のなかで
許されながら

私が一番心地いい世界で生きていこう
それが結局、一番
周囲の人が喜んで下さる結果が生まれる
のかもしれない
(*^▽^*)



また、罪悪感が顏をだす瞬間もあると思うけど。

今日もブログ
読んでくださって
本当にありがとうございました(^_-)-☆

次回のバレトン体験レッスンや春に向けての養成コースのご案内は
Lien(リアン)バレトン&バーワークススクール広島HPへアクセスしてくださいね!



by tororomai145 | 2020-01-13 21:07 | | Trackback | Comments(0)

結局「やる」か「やらない」か   

みなさんは、人生のなかで
「これは真剣に乗り越えた~」とか
「あそこが俺の転機だったな~」とかとかいう
タイミングって、ありますか?




クラッシックバレエのお稽古へ
2020年初。
2か月行ってなかったので、全然身体が、忘れてる・・・・。



自分の動きに精神的に集中はできているほうだが
振りが覚えなれない
カオス・・・・・





バレエの先生が
振りが覚えられないないなら
「覚えられるように環境をつくる」

難しく考えず、
ただ、「やる」か「やないか」
「行動する」か「行動しないか」
だと、
おっしゃていた。



まったく、その通りで($・・)/~~~



「覚えられないな~」ってことに
悩んでるうちは
ずっと覚えられない場所に居続ける




まず、自分が変われるように
行動を起こすこと



用意された、ハードルを飛び越えるか
「今の私じゃ無理。また今度準備してから挑戦するね」と
あきらめるか


この選択ひとつで
その後の展開がまったくちがう・・・



深く考えず、一瞬で
良いイメージで
ハードルに向かい合えるかどうか



イチローさんとか、オリンピック選手とかも
こういう思考の切り替えが
上手いって聞きますよね~('ω')ノ


今日は、自分の気づきのノートみたいな感じです<(_ _)>


人生で、こんな
場面何回かあったな~( 一一)
結局「やる」か「やらない」か_a0390917_19440697.jpg
人生のなかで
「ここで踏ん張って、変わらないとこの先ずっとこのままな気がする」
「ここを超えないといけない!」

そう思ったことが人生で
何回かあります




それは決まって、ものすごく
心臓がドキドキして、早鐘を打つ。

病気かな?と思うほどに。呼吸も浅い。
アドレナリンが放出され、集中しすぎで眠れない


でも、うまく乗り越えられたら
その先楽しい気がする(*^▽^*)




小学校の時。学習発表会でよい役をもらった前夜。
中学校の、ブラスバンドの本番、ソロパートがあったとき。
弁論大会に出場したとき。
短大では、また学生会長になって
みんなの前で演説する機会があった。



声楽の試験や発表会。
期待されて、期待されてプレッシャーに負けた時も何回もある。
人の期待を裏切ったあとの
後悔は後を引く。



大人になって劇団に入っていたことも
本番は、やはり稽古とはちがう
ある意味、「自由」なので
怖い。



バレトンのインストラクターの試験の前日も
こんな状態で
人生かけて試験に臨んだ。
インストラクターの試験で落ちるようでは
トレーナーになるなんて夢の夢だと



バレトンマスタートレーナーの講習も
こんな感じ。



明日、持ってる力を発揮するか、しないか
その次の日見る景色が
違って見える気がするその、境目にいる時ってほんとに怖い。



でも、この「怖さ」に
フォーカスしすぎると
ずっと、そこに居続けることになるんだね~
結局「やる」か「やらない」か_a0390917_19441400.jpg
今日も先生に気づきをもらって
よかったな(*_*;



難しいほうに居座ってないで
スッと
ハードルを飛び越えることだけを
考えればいいのね('ω')ノ



仕事もやりたくない作業とかは
ほんとに後回しにしてしまっていて、仕事が後手後手になっていた。
「やるか、やらないか」
とにかく、淡々とやること。



バレエも仕事も
「やります!」「乗り越えます!」



よし!やるぞ!('ω')ノ

みなさん。
ここまで読んでくださってありがとう!
感謝です<(_ _)>



ここで、宣言したから
やんなきゃね。



今日の気づきと、決意表明。
でしたが、
なんだか書いてて訳が分かっていない・・・・


ん?
atamaga itai・・・・
hayaku nemasu
demo watasiha
zettai kazedeha nainoda
oyasuminasai('ω')ノ



by tororomai145 | 2020-01-05 20:41 | | Trackback | Comments(0)

自分の中のバランス   

自分の中のバランス_a0390917_22013894.jpg

これは、去年撮ったお写真。


夜19:00に行った、クラブさんで
「クリスマスウィーク」というイベントがあって


インストラクターがクリスマスの仮装をしたり、クリスマスソングのCDで
レッスンを盛り上げてください的な


マネージャー直々に、
「先生の、衣装!とっても楽しみにしております!」と
言われ


('◇')ゞ

何か、使命感がわき


15日の日曜日に、空き時間があったので
東急ハンズで
サンタ衣装を購入

今日は、いつも持ち歩いてる
おおきなリュックサック(最近、リュックサックって呼ぶのかな?)
に、サンタ衣装も詰め込んで



19:00のレッスンへ!



でも、移動しながら
「なんか、まだ18日だし、早すぎない?」
って思ったので



クラブ到着時に
フロントの女子に聞いてみたら。



「クリスマス・ウィークは、明日からです~」

はい。聞いてみてよかったです(*_*)

一日はやく、スタジオでサンタ衣装着るとこだった~('ω')ノ


自分の中のバランス_a0390917_21011025.jpg
マネージャー直々に言われたから、
なにか期待に応えなきゃと思ってしまい。


フライングするとこでした。


きっと、マネージャーのM氏は
「先生、楽しみにしてます~」って言ったことも
覚えてないとおもう( 一一)!



↑こんなエピソードも
日常茶飯事。


インストラクターっ
て職業のイメージって
シャキシャキしてて、てきぱきしてて・・・。
と、思われがちですが、


結構、わたし

ぼんやりしてます!(^^)!

あと、バランス悪いところ
結構あるな~と
自分でおもっていて。



・食事もパクパク食べる期間と、あんまり食べなくていい期間もある


・運動やトレーニングを「やりすぎ」てしまう傾向がある


・レッスンスタジオでレッスンしてる時と、普段の感じが全然違うとよく言われる


・家事は「お掃除」はすっごく好き。部屋はきれいなほう。
だけど、料理に関してはまったく興味がない。


・全体的に、オンとオフの差が激しいと自分で思う


・机の上での勉強は、極力したくない。
自分の体で体験したことしか、納得できない傾向がある



などなど

自分の中のバランス_a0390917_21020841.jpg
「中間」とか、真ん中あたりを
なんとかとって
生きていきたいな~って

結構な昔から思っているんですが


なっかなか

難しいです!('◇')ゞ

結論。

これが「私」なんだろうな<(_ _)>






by tororomai145 | 2019-12-18 22:34 | | Trackback | Comments(0)

「五感を共有する」それは感動!打合せと研修しました!   

「五感を共有する」それは感動!打合せと研修しました!_a0390917_21015816.jpg
今日は1月からバレトンとバーワークスを導入してくださるスタジオで
10:00からバレトン ソールシンセシスの体験レッスンを実施しました。



お客様が「また受講します!」っておっしゃってくださって嬉しかったな~(^_-)-☆
ご参加のみなさん、ありがとうございました!



終了後は、スタジオ代表と1月からの打ち合わせ
「あれと、あのツールが必要ね。購入先は~~」など
着々と2020年にむけて準備が始まってる感じ


(*^▽^*)


ワクワク

スタジオプレギュラープログラムに2019年は週1しか入ってなかったのに
2020年からは大幅増で入れてもらえるので
私もお勉強が必要で、今日は少し研修してもらいました。



今日のお勉強は
「ストレッチーズ・ピラティス」という
大きな輪になった布を使用するピラティス
(上記のお写真をご参考になさってください)



ピラティスとは、リハビリや医療分野でも利用されている
ボディーワーク。
フィットネスクラブでエクササイズとしても知られてきました。

肩こりや、腰痛改善にもいいし
女優さんや芸能人、スポーツ選手なども
自身のボディメイクの為に
ピラティス・エクササイズをやってらっしゃいます。


「五感を共有する」それは感動!打合せと研修しました!_a0390917_21290646.jpg



日本のピラティスはマットのみを使用したグループレッスンが主流ですが
ワールドサイズでは、道具を使用して当たり前。
やはりパーソナルが基本という考え方。



私自身も、マットのみではピラティスの感覚というのは
お客様も理解が難しいし、
インストラクターも伝えづらいので「やりにくい」と思っています。



なので、私は
数年、ピラティス・リフォーマーという
ベットのような大きな道具を使用したピラティスを学びました。

マットのみよりも、身体に感じやすい感覚があり
感動します。

エクササイズが終了すると「歩きやすい」「足が軽くなる」「首が長く見える」
など効果も即効性があります。


ただ、リフォーマーはとても大きく高価なので
設備のあるスタジオはまだまだ少ないです。


今日お勉強した「ストレッチーズ・ピラティス」は
布なので安価。

「五感を共有する」それは感動!打合せと研修しました!_a0390917_21015131.jpg
やってみて、とっても心地よく。
使用するとエクササイズが上手にできるんです(*^▽^*)

エクササイズで、インストラクターが要求したポーズができないと
誰でも落ち込みますよね!

この布を使うと、自然と使えてなかった筋肉やインナーマッスルが
働いて、骨盤が安定したりすることが起こるので
出来なかった事ができるようになります。

(専門的な事を語ってますが( ;∀;)伝わってるかな?)



との感動を、代表と2人で

「これ、おもしろい!この布一つで
自然と感覚が体に理解できるね~」


語りあいながら、研修をうけました(^_-)-☆

インストラクターという

2人の「オタク」がもりあがって話すと

とっても狭い領域の話で申し訳ないですが(笑)



相手が、「きもちいい」「腰が安定して、サポートされてる感じ」



自分の身体の奥の言葉では伝えられないほど
とても小さな感覚を
2人でこの瞬間、共有している感じが
とっても
嬉しく、心地いい時間でした~(^_-)-☆


自分以外の人間と「感覚を共有する」

これって、とても感動することだとおもうんです。


「五感を共有する」それは感動!打合せと研修しました!_a0390917_21012159.jpg
人間て、自分の親でも「お腹が痛い」「インフルエンザで高熱が出て苦しい」
とか、言っていても本当につらいのは
理解できません。「痛み」って共有できない。


でも、「ポジティブな感覚」


「おいしい」「楽しい」「心地よい」「素敵だ」
に近いところにある感覚は
共有しやすいのかも(^^)/



野球場に集う人、コンサート会場に集う人
そして、一緒の場所で運動したり
汗をかいたり

同じような事が好きで、
同じような体の体験をすると

「共感」が生まれ

「感動」につながる


(*私自身、災害を経験したこともあって、「つらい」「不安」などの感覚の共有が起こる場合もあるとは思っております。)


今日は、長文になりました(__)


今日は
自分が、なぜ「運動」の世界にいるのか初めて理由がわかったかも



私は「運動」というツールから
人と「繋がる」事、「分かち合う」事が
好きなのかもしれません(^^♪

☆Special Thanks☆
C・M





























by tororomai145 | 2019-12-17 22:02 | | Trackback | Comments(0)

「注目されたくない」と「注目されたい」の同居   

「注目されたくない」と「注目されたい」の同居_a0390917_22034104.jpg
FBのお友達が予想外に増えました(^-^)
先方からの申請だけで500名以上の方から申請をいただき、とっても感謝しています(^^♪

でも、実を言いますと。
なぜ、急にフィーバーしているのか理由がわからず
気持ちがザワザワしています( ;∀;)

でも、それは申請してくださっている方々の問題ではありません<(_ _)>


私のこれまでの経験から。
ちょっと自分に視線があつまると
過去の「嫌な経験」を思い出してしまうんです。



子供のころから
よくも悪くも目立っていたようで
私の言った言葉、何気なくやった行動
良かれと思ってしたことに、ことごとく
周囲が反応することが多いです。


知らないうちに、陰で何か言われていたり、
友達も少なく、独りぼっちのことが多かった。


いつも、「私に原因があるから友達ができないのかな」って
いろいろ、自分が悪かった原因を思い出したり、考えたりしていました。


作文や歌、いろんなことで先生に褒められて、賞をとったりすることも多かったけど。
やっかみを受けたりするのが嫌で
作品の提出をしなかったり、わざと変な文章を書いて提出したり。


目立たないように、目立たないように小細工してました。
親にも、「目立つな」「前に出るな」と注意されてた。



「空気が読めない人」といえばそうなのかもしれない。
「できるのに、やらないなんて嫌味な人」
それも、その人の視点に立てばそうかもしれない。


でも、それがその時の私の選んだ道。
自分を守り。生きる手段だった。

「注目されたくない」と「注目されたい」の同居_a0390917_22000900.jpg

大人になってからも、なんとか人に合わせようとなるべく目立たず努力してきた。
けど、どうしても同じ結果になってしまいます。


あー。これは。
自分を隠さず。正直に生きろってことかな~


ここ数か月。やっとわかりました('ω')ノ(遅い)

悟った後は、会社員を辞めインストラクターとトレーナー業で独立することを決め。
11月からブログを書き始めました。


今も、少し注目されると
子供の頃や、大人になっても傷ついたことを思い出して
「引っ込んだほうがいいかも」「目立たないほうがいいかも」って
いままでの思考パターンが顔をだし。

心がザワザワ。悟りを開いた自分(笑)と葛藤します。

「注目されたくない」と「注目されたい」の同居_a0390917_22033574.jpg
でも、応援してくれる方がたくさんいる(^_-)-☆

何十年も、自分を隠して生きてきたけど、結局いつも

自分はこれ以上にも、これ以下にもならない
と、周囲のみなさんが教えてくれました。



子供の頃は、友達もすくなく自分を理解してくれる人は少なかった。
家族にも私の理解は難しかったようです。

寂しかったので

「どうやったら友達ができるんだろう」「人気者にどうやったらなれるのかな」
って、考えてた。

だから、私は根本的に「注目されたい人」「目立ちたい」願望が強い人間なのかも。
子供の時の夢は「歌手」「女優」だったし(*^▽^*)
ステージに立てるような芸能人になりたかったな。


でも、反面。いままでのトラウマから
注目されると隠れようとしてしまう。


それが、出たり入ったり。
今。私のという人間の中で同居しています。

「注目されたくない」と「注目されたい」の同居_a0390917_21593555.jpg
長くなりました<(_ _)>

ブログや文章を書くのは大好き(^^♪

今日このブログを書くまで、気持ちを整理するために
本を読みました。(勇気でた)
それが1枚目のお写真。ユーチューブで「美の巨人たち」みるのも心が落ち着きます。


そして、仕事帰りのお月さま。満月目前。くっきりできれかった!


最後はお気に入りのベーグル(^_-)-☆
いまでは欠かせない。私のおやつ。


最後に、私のビジネスパートナーの方々。古いお友達にspecial Thanks☆
そして、これからお友達になってくださる方々。
どうぞよろしくお願いいたします!







by tororomai145 | 2019-12-11 22:47 | | Trackback | Comments(0)