人気ブログランキング |

バレトン&バーワークスマスタートレーナー渡辺麻衣子オフィシャルブログ hirosimabarrew.exblog.jp

広島にあるBalletoneとBarreWRXという国際フィットネスライセンスを取得できるスクールLien(リアン)代表。15年間で11万人のお客様の指導経験を持つ。トレーニング経験は5万時間以上のトレーナーであり、フリーインストラクターとして、一般からプロまでを指導。スクール情報や日常までアップ!!


by バレトン&バーワークスマスタートレーナー渡辺麻衣子
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

タグ:バレエ ( 2 ) タグの人気記事

みなさんは、人生のなかで
「これは真剣に乗り越えた~」とか
「あそこが俺の転機だったな~」とかとかいう
タイミングって、ありますか?




クラッシックバレエのお稽古へ
2020年初。
2か月行ってなかったので、全然身体が、忘れてる・・・・。



自分の動きに精神的に集中はできているほうだが
振りが覚えなれない
カオス・・・・・





バレエの先生が
振りが覚えられないないなら
「覚えられるように環境をつくる」

難しく考えず、
ただ、「やる」か「やないか」
「行動する」か「行動しないか」
だと、
おっしゃていた。



まったく、その通りで($・・)/~~~



「覚えられないな~」ってことに
悩んでるうちは
ずっと覚えられない場所に居続ける




まず、自分が変われるように
行動を起こすこと



用意された、ハードルを飛び越えるか
「今の私じゃ無理。また今度準備してから挑戦するね」と
あきらめるか


この選択ひとつで
その後の展開がまったくちがう・・・



深く考えず、一瞬で
良いイメージで
ハードルに向かい合えるかどうか



イチローさんとか、オリンピック選手とかも
こういう思考の切り替えが
上手いって聞きますよね~('ω')ノ


今日は、自分の気づきのノートみたいな感じです<(_ _)>


人生で、こんな
場面何回かあったな~( 一一)
結局「やる」か「やらない」か_a0390917_19440697.jpg
人生のなかで
「ここで踏ん張って、変わらないとこの先ずっとこのままな気がする」
「ここを超えないといけない!」

そう思ったことが人生で
何回かあります




それは決まって、ものすごく
心臓がドキドキして、早鐘を打つ。

病気かな?と思うほどに。呼吸も浅い。
アドレナリンが放出され、集中しすぎで眠れない


でも、うまく乗り越えられたら
その先楽しい気がする(*^▽^*)




小学校の時。学習発表会でよい役をもらった前夜。
中学校の、ブラスバンドの本番、ソロパートがあったとき。
弁論大会に出場したとき。
短大では、また学生会長になって
みんなの前で演説する機会があった。



声楽の試験や発表会。
期待されて、期待されてプレッシャーに負けた時も何回もある。
人の期待を裏切ったあとの
後悔は後を引く。



大人になって劇団に入っていたことも
本番は、やはり稽古とはちがう
ある意味、「自由」なので
怖い。



バレトンのインストラクターの試験の前日も
こんな状態で
人生かけて試験に臨んだ。
インストラクターの試験で落ちるようでは
トレーナーになるなんて夢の夢だと



バレトンマスタートレーナーの講習も
こんな感じ。



明日、持ってる力を発揮するか、しないか
その次の日見る景色が
違って見える気がするその、境目にいる時ってほんとに怖い。



でも、この「怖さ」に
フォーカスしすぎると
ずっと、そこに居続けることになるんだね~
結局「やる」か「やらない」か_a0390917_19441400.jpg
今日も先生に気づきをもらって
よかったな(*_*;



難しいほうに居座ってないで
スッと
ハードルを飛び越えることだけを
考えればいいのね('ω')ノ



仕事もやりたくない作業とかは
ほんとに後回しにしてしまっていて、仕事が後手後手になっていた。
「やるか、やらないか」
とにかく、淡々とやること。



バレエも仕事も
「やります!」「乗り越えます!」



よし!やるぞ!('ω')ノ

みなさん。
ここまで読んでくださってありがとう!
感謝です<(_ _)>



ここで、宣言したから
やんなきゃね。



今日の気づきと、決意表明。
でしたが、
なんだか書いてて訳が分かっていない・・・・


ん?
atamaga itai・・・・
hayaku nemasu
demo watasiha
zettai kazedeha nainoda
oyasuminasai('ω')ノ



by tororomai145 | 2020-01-05 20:41 | | Trackback | Comments(0)
「今、全力で踊らくてどうするの?」バレエの先生の言葉_a0390917_12033927.jpeg
昨日の夜からやたら眠く、
行動がすごくゆっくりで
なかなか作業が進まない私。

今日のブログも、いつもはスラスラかけるのに、
いつもの倍は時間かかっちゃいました。



珍しく大根や人参が食べたくなって
(ちょうど安い)
食べてみたり。
(一応、料理というか、食べれるようにはしました)



今日の本題~!事業の立ち上げ作業で
クラッシックバレエのお稽古に行けていないなと思い。今日はバレエの話題です。

バレエの先生との出会いは
2014年頃。

バレトンのトレーナーの養成コースに入ることになり
もうバレトンインストラクターとして一般の方に
教えることはしてたけど
トレーナーの養成コースとなると
海外にバレエ留学してた方とか、ダンサーだった方とかと
肩を並べてのお勉強になる。

これは、大変と思い。

広島市内の小さなバレエ教室をネットで調べて
体験レッスンに行ったのが始まり。



「今、全力で踊らくてどうするの?」バレエの先生の言葉_a0390917_12040749.jpeg
バレエの先生はとても細く、きれいな女性で
とっても一生懸命おしえてくださいました。

「麻衣子さん。人生は短いわ。
明日死ぬかもしれない。今、全力で踊らなくてどうするの?」

と、舞台が控えてるわけでもない
実際、私は基礎が学べればいいと思ってる段階で

オーディションが控えているわけでもない
生半可な気持ちでレッスン受けてた私に

バレエの先生が叱咤してくれたのを覚えています。



思えば、明日は死ぬかもしれない。今を生きなくては。ということは
なんとなく子供の頃から
考えてました。

サバンナに生まれたわけじゃないから
水にも食糧にもとりあえず困らない生活だし。
(NHKの動物番組とか、アンデス山頂で暮らす民族の映像とかよくみてました)

生きてる!って実感がほしいな!って
いつも感じてました。


今、この瞬間を全力で生きてる?
って、自分に何度も問いかけながら
小・中学校を過ごしたような。
(学校嫌いだったし、友達すくなかったし。考える時間はあった)

「今、全力で踊らくてどうするの?」バレエの先生の言葉_a0390917_12035589.jpg

バレエの先生に叱咤されて、子供の頃の感覚に戻って
目が覚めた感じがして。やる気になり。


今でも通ってます!
(バレエ大好き)


バレエの先生に
出会えたことは
私の人生の宝物です(*^▽^*)
最近、叱咤してくださる人に、なかなか出会えませんよね!


頻度よく通えるようになったと思ったのに
HPの開設やらで足が向いてないのですが

「先生、年末に行きます<(_ _)>」
「でも、先生。大好き~!来年もよろしくお願いします!」

(笑)字。小さ











タグ:
by tororomai145 | 2019-12-05 12:53 | Trackback | Comments(0)