人気ブログランキング |

タグ:心 ( 6 ) タグの人気記事   

女優やってました(*^▽^*)   

BGM。

何回もみてあらすじを覚えてる映画をながして
音声を耳でききながら
ブログ書いたりしてます。


今日の映画BGMは
「天地明〇」という数年前の角川映画
主演の俳優さんが好きで
映画見たら


天文学の話で、時代は徳川時代末期
話のスケールが大きくて好き

物事の視野が広くなるような気がして
映画事態が良かったです


さて、


私、渡辺麻衣子
Lien(リアン)バレトンとバーワークス スクール広島
代表やってます。
インストラクターを育てる仕事です
(^_-)-☆

このように今はフィットネス業界で
インストラクター・トレーナーとして
働いている私

でも、以前は保育士をやっていました

保育士も大変体力を使うお仕事で
体力づくりに

趣味でスポーツジムへ通い
エアロビクスを一般で楽しんだりして
いました
女優やってました(*^▽^*)_a0390917_14245917.jpg
体力づくりの趣味と、もう1つ

趣味があって

当時岡山市に住んでいたんですが


劇団に所属していました
(^^)/
私を含めみなさん仕事を持ちながら
毎週稽古の日に集まる


年に1回?は
必ず料金をとってホールを借りて
新劇っていうんですかね?ジャンルは。


(日常をそのまま舞台で演じる。日常生活、近代に生活にちかい
内容を表現する演劇ジャンル)



定期的に公演する
岡山では老舗といわれる
劇団でしたね


講演もきちんと
代表が戯曲(シナリオ)を書いてそれを演じたり


有名戯曲を正式に
手続したうえで、講演させてもらったり


きちんと
発声練習や、ストレッチ
早口言葉くらいの
腹筋運動(^_-)-☆



の稽古も団員みんなで練習してました~


ミュージカルでないので

妖精になったり(笑)
ネズミになったりの役はあんまりすることなくて


人間の女性を演じる
ことが多かったかな?
そんな戯曲がおおかった



覚えてる一つの役は


詐欺師の役
タバコを吸うような
40代くらいの詐欺師の女性で


「私って、人をだまそうとするように誤解されるけど
本当はかわいそうなの」


みたいなセリフがあったようななかったような


7人くらいの男女のグループが
ホテルか、列車の社内に集まって


様々な人間模様が繰り広げられる
お話だったような記憶があります



派手さはなかったし、ダンスもない舞台だったけど

ほんとに、真剣にみんなやってました


人間の心を描く
人間の醜さ、素敵さ
生き方
素晴らしさを

地味に訴えるような
作品を多くやっていて

この劇団に通うの
大好きでした



代表の演技のダメ出しも
素人ながら、本格的なものだったな~


岡山を離れて
十年以上たってしまいましたが

同じ劇団員だった人達は
今どうしてるだろう

案外、何人か
まだ同じように、同じ劇団でやっていたりして
女優やってました(*^▽^*)_a0390917_14250354.jpg
演技をするのは

じつは小さいときから大好きでした


この岡山の劇団も、自分で見つけて、見学に行って
自分から「入れてください!」といって
入団しました
(オーディションはなかったよ(笑))


私は
学校にあまり行かない子だったけど


音楽の時間や図工の時間がある日は
行っていて(笑)
('ω')ノ


あと、学習発表会の練習があるような
期間は行ってました
(ほんと、好きな事ができる時だけ、自主的に行く('ω')ノ)
(言ってて、自分で面白い)


学習発表会で
小学校とかで劇とかクラスでやって
おばあさんの役をやったり

貴族のお金持ちの女性の役をやったり


普段の自分と
違うことをして、違う発言をしていい
時間みたいに感じて

役を演じてる時は
のびのび生きてる感覚があった
('ω')ノ


演技してる時は
ほんとに楽しかったです!
(今は、現実を生きてるほうが楽しいですよ!('ω')ノ)

あと、劇とか、歌とか、絵をかいたりとか
大人にたくさん
褒めてもらえることが
多かったです

これ、嬉しい!

褒めてもらえるって、ほんとに嬉しいですよね!



短大のときも
幼児教育学科で
人形劇(着ぐるみのなかにはいって演技する)
劇をやったりが
授業であったんです~


私も得意だったので
楽しくやっていて、成績もよかったです。


あるとき
島根県の有名な劇団の代表に
「あなた、うちの劇団に入りなさい!」って言われて
スカウトされて


嬉しくて、就職せずに、入団しそうになったことも(笑)
ありましたね!
女優やってました(*^▽^*)_a0390917_14250816.jpg
なので、岡山で仕事しながら
劇団に通うのは
とても楽しくて

趣味でしたが
のめり込んでましたね。


昭和の劇団の色がこく

稽古がおわったら

近くの行きつけの場末(シンプルに表現すればこんな感じ)の飲み屋に
みんなでいって

お酒を飲み飲み

今日の稽古のダメ出しをもう1回したり

大人がぐちぐち言ったりを
眺めたり


そういう場にみんなで
集うのが

私は大好きだったから
(一人ぼっちより、よっぽど楽しかった)


お酒に付き合って、みんなで帰るまで
全部が大好きでした


メンバーが辞めていったり
家庭の事情で劇団の色が変わっていったり
私自身が、引っ越ししたりで
岡山や劇団とは
全く離れてしまいましたが


いい思い出です!


また、機会があったら
舞台のお仕事したいな~
(なんて、言ったもの勝ちです(*^▽^*)!)



by tororomai145 | 2020-02-12 14:59 | 繋がり・絆・ご縁 | Trackback | Comments(0)

吹奏楽部にはいってました   

オードリー・ヘプバーンさんが大好きで
「今日は、ブログ何を書こうかしら」

なんて思いながら
今日は、自宅にある彼女の文庫本を
パラパラとめくっていました



彼女の
「強さ」みたいなものが私は大好き
(#^.^#)



戦争もリアルに体験しておられて
強く「生き抜く」ことを
やってこられた
自立した女性だし


有名な映画の曲に
「ムーンリバー」とういう曲があるけれど


その曲が映画製作の途中でカットされそうに
なった時も

「私の生きているうちは、そんなことはさせません」

と製作者側に言いきったそうで

女優として権威を普段振りかざさなかった彼女も
言うべきところは
はっきり言う
強い女性だったことが

伺えます


何が
良いとか、悪いとか
ではないけれど

自分を信じて
ポリシーを持っている女性は
とても
素敵だと思います


私もそうでありたいな
思っています
吹奏楽部にはいってました_a0390917_17362709.jpg
オードリーさんの事を書いていたら


中学、高校時代に
6年間続けた部活


自分の
吹奏楽部時代のことを思い出しました


これは、私のなかで
結構、暗黒時代ですね~


保育園、小学校、中学1年くらいまで
あまり学校に行かなかった


今でいう
不登校の子供でした



中学校に入ると
全員何らかの部活に入っていなくてはいけなくて


選ぶときに
私は吹奏楽部を選びました


音楽がなんとなく好きだったから

金管楽器のユーホニウムという
すこし大きな楽器を
1番最初に
「吹いてみて」と音をだしてみたところ
でたので
(#^.^#)


その楽器担当になりました


今思うと、ユーホニウムって
だれでも音がでる楽器だそうで(笑)
先輩が、一番簡単な楽器を吹かせてくれたことが
後からわかりました


2年になると
なる人がいなくて
楽器が特にうまく吹けるわけでもなかったけど
吹奏楽部の副部長になりました


当時の
吹奏楽顧問の先生が
おとなしい私をかまってくれて
(笑)


それが単純だけど
嬉しかった

責任感もでてきたのか

学校に休まずに登校するようになりました


肺活量を鍛えるために
中学校の大きなグランドの外周を
7周くらいランニングしてから
部活が始まるのですが

結構なんでも
真面目にやってしまうほうで
力を抜くことを知らず


いつも
外周長距離ランニングの1位でした

部活の中のちょっとしたパーツでの1位でしたが
体育の成績が悪かった私にとって

長く走れることは
自信に繋がり


このことも
登校するようになった理由

吹奏楽部にはいってました_a0390917_22143041.jpg
でも
保育園から地域の友達とあまり触れあってこなかったので

部活の副部長になっても

友達と、うまく付き合えず

登校はきちんとしていましたが

友達付き合いがうまくできなかったな~


その時も、吹奏楽顧問の先生が
話をいつも聞いてくれて


「自分の思う通りにやれ」
「後で後悔しないように、毎日を過ごすんだ」
と励ましてくれていました


後から思えば、
先生方も
私が不登校に逆戻りしないように
登校させることを
応援してもらっていたのかもしれません


そんな感じなので

吹奏楽の演奏とか
ほんとに本格的にやっていた部活ではなくて


楽譜も読めないし、絶対音感があるわけでもないし
音楽を志すとは
ほど遠い
技術でしたが

私のなかでは
朝練に毎日でて、夏休みも休みなく
練習に学校へ行くことを
とにかく
「後悔のないように」
やっていった
そんな中学時代でした

当時の私のなかでは
それが精いっぱいのできることだったんですね


高校は県立でしたが
自宅から離れたところがよかったので

下宿しなくてはいけないけれど
吹奏楽が一生懸命できる
吹奏楽がコンクールで強いと評判の高校へいかせてもらいました
  
その時のわたしに
出来ること
頑張ってやれることって
吹奏楽部しか
おもいつかなかったんです
 

これは
吹奏楽の技術で推薦ではいったわけではなくて
勉強して(笑)入れました(*^▽^*)


でも、高校の吹奏楽部へはいったけど

今度は周囲の同学年の子たちが
ブラスバンドの技術がありすぎて


レベルが違うので

私は3年間がんばったけど
全然うまくならず



下手なので
どっちかというと
「何で辞めないの?」と思われて
疎まれていました



それも、そうですよね。
中学校は
登校するきっかけになった
思い出深い部活だったけど
吹奏楽の技術で秀でていたわけではなくて


高校も
頑張って毎日
部活に通ったけど

絶対音感がある子や、楽譜がすぐ読めちゃう子たちと
並ぶと
萎縮してしまって


心も
どこか、常に
のびのびできなかったのかも

技術があがりませんでした

そんな3年間でした
吹奏楽部にはいってました_a0390917_22141958.jpg
でも、

なんだか

悔しくて

せっかく親が遠くまで下宿までさせてくれて
家からだして
応援してくれているのに

部活でうまくいかなくて

部活辞めちゃうなんて

負けた気がして

絶対、負けるもんか

何を言われたって


学校へ通う
部活は辞めない
これを目標にしていました

私が迷惑ひとはいるかもしれないけど

私は私で
これだけは、やる!と
きめてました

それで、3年間通しました


だから結構、
私って強情なところあるんです

頑固だし

吹奏楽部にはいってました_a0390917_22310082.jpg
良いところでも、悪いところでも
ありますね


でも、自分のなかで
なにか、一つ決めて
やり遂げる実績をつくりたかったのかも


私の中でしか、わからない理由だったけれども


でも
まだ自分が本当にどうしたいのか。
自分の責任で
当時、判断したり
生きていってなかったのかも


と、厳しい目で
あの頃の自分を思い返してみたり
するときもあります。


こんなに
友達とうまくいかないのも
どこか


一人で下宿して
寂しいからだとか
親のせいにして
考えてたところ
あったのかも


自分の考えがぼんやりしている人って
他人からみたら
やっぱり
もどかしくて
好きになれなかったり

正直、するかもしれませんね。

あの頃、
自分が浮いてた訳も

それなりに
あったのだと
今のわたしは思ったりしています



だから、
オードリーのように
自分の意見をもった人に
憧れるきもち
強いのかも

強く
常に
自分はどうしたいのか
自分の責任で
人のせいにせずに

いきていける
女性に

わたしはなりたい!


今は事業して
代表とか言ってるけど

中身は
お嬢様で、いつまでも
なにかに
甘えていたかったりします

その方が楽だもん(๑・̑◡・̑๑)


あっ!

でも、こうやって
隠すことなく
ブログで自分を公開し

分析(笑)も
できるように
成長しました!^ - ^


だから、少女のころの気持ちや
経験って
私の
財産なんだなって

今の私の周りにいてくださる
優しい人たちに
教えてもらいました!

自分に意識的になって

経験してきたことを生かして
明日
どう行動するか!

 そこが
大事かな?(*≧∀≦*)^_^

少々、暗黒時代の話をしてしまいまいました


今でも

辛いことがあったりすると

高校時あれだけ辛かった
けど
切り抜けられたから

これくらい、乗り越えられるかもって
思うこと

結構あって


人生の役には立ってると思う

昭和の根性の女なんです(笑)
(*^▽^*)
私って


オードリーさんも
戦争を経験し、女優として
戦って生き抜いた女性

根性ある人ですね^ - ^

オードリーさんの
写真集みてから
寝ることにします!


明日はバレトンブラシュアップ開催します!
お申し込みしてくださった方!
ありがとう!

お会いできるの楽しみです!



































by tororomai145 | 2020-02-10 18:16 | 生き方 | Trackback | Comments(0)

教〇テレビで育ったな~   

日曜日の夜。


今日も、どんな事があっても繋がりが途切れない友人と
お買い物に行って、近況を話したり

お互い大変だけど
がんばろうね!



ビジネスパートナーには
最近、新しいエクササイズを、また教えてもらっていて
いつか恩を返したいな(^-^)


相変わらず


人との「縁」「繋がり」に
助けられています(*^▽^*)


FBのお友達が4000人を超えて、私から一切申請していないのに
申請を毎日頂きまして
ありがたいと同時に


見える景色、世界が変わってきました



FBもいろんなグループから招待を頂いたり


ビジネス的にも、
バレトンをプレゼンする
機会をもらったり
(4月末、東京・・・詳細はまた追々・・・)


私自身をブランディングさせていただく
チャンスを頂いたり


日々、目の前のことに
向かい合うことで一生懸命ですが



一歩一歩
Lien(リアン)絆
のコンセプトを信じて
頑張っていこうと
2月に入って、改めて心に刻んでます
(1月は正直、ちょっと息切れしてた(*_*;)
教〇テレビで育ったな~_a0390917_20221338.jpg
N〇Kの教〇テレビ


みなさんは子供の頃みてましたか?

私は、保育園、小学校、あんまり学校へ行きたくない子供だったので
家で何してたかというと


家の中で、テレビを見てすごしていました
(時々、祖父、祖母のお手伝い)


小学校?のころ?ファミリーコンピューターが
出回り始めてはいましたが
(弟が生まれてから、買ってもらったけど
私自身そんなにゲームは
はまらなかったな~)


私自身が欲しがらなかったし
父が買い与えるのを
躊躇していたのもあり



もっぱらテレビ

祖父、祖母と同居というのも
あったのか
民放放送局をあまりみない家庭でした
(ちょっとは見るけど)


N〇K多かった


日曜日の昼は当たり前のように
のど自慢をつけるし


朝おきてついてるのは
やっぱり同局


大晦日も家族みんなで
紅白歌合戦と行く年くる年
みてた


私自身それが
全然嫌でなくて


当たり前のように
子供のころから
家で
教育テレビを自分で好んで見ていました
教〇テレビで育ったな~_a0390917_20223227.jpg
今は全く、テレビ見ない生活をしていますが


昔はテレビっ子だったんです


教〇テレビで、好んでみてたのは



「で〇〇かな?」とか

ゴンタ君という着ぐるみキャラクターが、
男のキャラクターさんと
工作をする番組

(男の人のキャラクターって、なにさんだったかな?記憶がうっすらすぎる)


アッ!のっぽさん!?( ゚Д゚)


(男の人って、一切セリフがなくて、全然しゃべらなかったような気がする・・・
あれって、教育的な意味があったのかな~。想像力を膨らませるためとか)
(考えすぎ?)


この番組の歌も大好きだったな~(#^.^#)
(サテハテ フムー♪)
↑あってる?



人形劇とか放送してたよね


クオリティーが高くて大好きだったな
いろんな昔ばなしとか、史劇とか
世界のお話の知識が増えたような



音楽、歌
とかみんなこのテレビで
覚えたような気がします


同局で
三国志の人形劇とかも放送してたような
記憶が
これも時間が合えばみてた


でも、祖父、祖母が同居だったので
基本テレビは
祖父、祖母がチャンネル権をもっていて
自由に好きな番組を
みれる感じでは
なかったような記憶がある
(今、思い出した。そういえば。そうだった)

教〇テレビで育ったな~_a0390917_20225086.jpg
教育テレビだったか、総合テレビのほうだったか
特集番組も結構おもしろくみてました



アインシュタインの特集番組とか
宇宙・生命の神秘とか

一時期はやった
ホーキング博士の宇宙のビックバンとか


マチュピチュの暮らし
エジプト
黄河


日本の伝統工芸や、いろんな仕事があるんだよ的なことを
紹介する番組もあったな~


友禅、和紙の作り方
漆塗り


全部記憶しているわけじゃないけど
目にした、耳にした
事って、
案外、記憶に残っているものですね



世界の古代文明なんかの特集も
大好きで

この辺から、高校時代
世界史が好きになる土台ができたのかも



この辺りのDVDとかあったら欲しいな~と思うけど
(いま、見る時間・・・・・あるかな?・・・1年後くらいにみれるか?いや~。見れないな!!!)
(*_*;(*_*;(*_*;


↑N〇KのDVDって、興味あるけど
けっこうなお値段するんですよね
(ちゃっかり、リサーチは、すでにしてあります(笑))
(#^.^#)



いまはテレビ見ないけど
私の知識と世界を広げてくれた
番組たち


このころに「おもしろい」と感じたものは
今も、興味あったり
します
(#^.^#)


きっと、私の土台になってくれてるんだろうな♪



今は、「運動」「体」「心」を通じて
人と関わる
自分の体を感じる

そんな仕事をさせてもらっています


この仕事に出会えたのも
「縁」なんだろうな


この「縁」を大切に
明日も頑張ろう!(*^▽^*)


by tororomai145 | 2020-02-02 21:14 | 生き方 | Trackback | Comments(0)

「仕事」することと、「食べる」こと   

昨日は祖父と祖母のことをブログに書いて
今日、朝起きたら


なんかスッキリした気分
(*^▽^*)


自分の人生や周囲の人達のことを
思い出し
自分の経験を
ブログに書くことによって


まるで、自分の人生を整理して
自分を肯定していく作業


家族のことは
田舎、田舎していて


いままで、あまり人には
伝えてこなかったけど

ブログで公開できて
受け止めてくれる方々もいて


なんか、気持ちの整理
ひとつできたから
スッキリ感があるのかもしれません

「仕事」することと、「食べる」こと_a0390917_20214714.jpg
写真はおしゃれなランチメニューなんですが

私は

田舎料理が好きです♡

でも、こう言い切れるように
なったのは最近、ここ1年くらいです


昨日の祖母たちの話で
自分て、田舎の食べ物すきだよね~と
思って、今日のお題に


ここ1・2年食べるものが
変化してきました


その原因は
私の運動量、仕事の内容が少し変化してきて


汗の出る量や、疲労具合が変化したことに
伴ってのことだと
自分でおもっています

あとは年齢 ^^) _旦~~




腰や膝の怪我が原因で
これまで
エアロビクスやステップ、ダンスも

レギュラークラスで一般の方へお教えしていましたが

2年前くらいに決意して
インストラクターを長く続けるために
ライセンスを協会に返上して
教えるのを一切やめる
決意をしました



エアロとダンスは
教えていてもとっても汗がでてスッキリするし
爽快感があって
なじみのお客様にも楽しんでいただけなくなるので

決意するまで勇気がいりましたが


無理して続けていると
バレトンもバーワークスもドクターストップが
かかって
養成コースもできなくなるのは
嫌だったので決意。



バレトンとバーワークスとピラティスは
インストラクターとして
トレーナーとして
続けられているので
自分は幸せです(*^▽^*)


そうすると、1日の運動量が変わるわけです

ダンスとか、エアロとか
自己練習の時間も結構とってたので

自分一人での練習時間と
教える時間が減って

しばらく膝や、あちこちが痛かったので
自己トレーニングの
ランニングもできなかったので

これは、食べ物同じもの
食べてたら
太るなと

「仕事」することと、「食べる」こと_a0390917_20200576.jpg
エアロ、ステップ、ダンスって
ジャンプする、ターンする

乳酸出まくりで、アドレナリンも出っぱなし

やってた頃は

お酒はなんでも飲んでました
ビール、チューハイ、ワイン
特に夏は汗をかくので家に帰ると
冷たいものをガブガブ飲んで
プハー!と
喉の渇きをいやす感じ

お肉も、なんでもパスタも食べて
運動して
食べ過ぎたら運動で調節していましたが


そうはいかなく
なってきた


変わり目の時は
脳に昔の記憶があるのでしょう
昔食べて飲んでたものが
欲しくてしょうがない
感覚と

実は、体は
そんなに動いてないので
よく感じてみると
そんなにいらない


スポーツ選手が現役引退すると
まず、自分のウエイト管理が難しくて
現役の時の記憶に負けて食べ過ぎるて
太るということが起こると
聞きますが

まさにそれ( ゚Д゚)


誰にも相談できず
(同じ経験してる人が、まず職場や近くにいなかった)

しばらく

自分の「脳の記憶」「昔の自分」
が常時食べていたもの


今、「体」が本当に
欲している量、内容

2つの自分の狭間で
いったり、きたり

戦っていました

「仕事」することと、「食べる」こと_a0390917_20195435.jpg
オリンピックには出てないですが
私は、これでご飯食べてるプロなので

体重管理と、スタイル管理は
仕事です
(^_-)-☆
悩みに、悩みながらですけれど(*_*;



私がもし一般のフィットネスクラブに通う主婦だったとしても
自分が習う先生って
選ぶんだろうとおもうから


これは、エアロビクスの養成コースの先生に
教えていただいたこと
大切なことだと
心に刻んでいます


そんなこんなしながら

今の自分は
本当は何が食べたいかな

って考えるようになりました。


気づいたのは


もともと自分は胃が小さく、そんなに一度に食べれない事
お酒も翌日体調が崩れるようになってきたので
毎日飲んでたのを
特別な日だけにしました
(コンビニのチューハイとか、気持ちが悪くなったり
吹き出物が出るようになってきた)


お砂糖・お塩がたくさん入っているものは、下や唇が腫れてきたり
お顔の皮が剥げてきたり
顏に影響がすぐでるので
早急に、接種をひかえました!

(*_*;(*_*;(*_*;

お野菜もオーガニックのものが
満足感があって、ドカ食いしない

お醤油やお味噌、油も種類と質を考えて


お肉は食べたいけど
ラム肉以外は食べたら気持ち悪くなる


お魚やシーフードが落ち着きます
(子供のころは、お魚大嫌いだった)


そして、不思議なんですが
生まれ故郷のお魚、お米、お水が
とてもおいしく感じます


あと、子供のころ
嫌というほど(笑)食べさせられていた
山菜
(筍とか、わらびとか)
海藻

落ち着きますね

お米も玄米を実家から送ってもらって

このように、食材と調味料を考えて
食べていくと
ドカ食いしたりが少なくなりました
(*^▽^*)
心が満足するんでしょうね
(以前は、量で満足させてた感じ)

と、
色んな自分を発見しました

「仕事」することと、「食べる」こと_a0390917_20215200.jpg
いままで、
きついトレーニングで会社員生活
の毎日で
食べることを真剣に考える時間もなく


顏に吹き出物が出ようと、おなかが痛かろうと
自分の体の痛みを
後回しにして
とにかく、出勤していたけど



最近、とくに
時間に余裕ができて
真剣に取り組んでいます
やっと、
自分を大切にできる生活が
スタートしております
(*^▽^*)
そんな感じです

でも、オーガニック食材や
山菜など
産地ちかくに住んでないと
高級なもの



完璧にそろえて食べることにこだわっていては
お財布もきついです
('ω')ノ


「これでないとダメ」と
思いすぎずに、
ただ気を付けてみる程度に頑張っているところです




いまでも、時々
ドカ食いしたくなる衝動がおそってくる時も

太ってしまうことも今でも
あるんですよね
('ω')ノ<(_ _)>


でも、右往左往しながら
自分の体に入る食材のことを
考えるのって


「生きる」ことに繋がっているなって
思います



いま、Lien(リアン)バレトンとバーワークスのスクール事業をさせていただいて
仕事って生きることそのものだなって
感じる毎日
(#^.^#)



私の仕事と「食べる事」って
繋がっている



そうなんです。

「仕事」「食べること」
「生きる」ことなんですね

明日も、仕事して食べて
頑張りまーっす

('ω')ノ

私のお仕事Lien(リアン)バレトンとバーワークスのスクールHPです!
是非、クリックしてみてくださいね


by tororomai145 | 2020-01-30 21:27 | 生き方 | Trackback | Comments(0)

保育園の給食と「今」食べること   

私は保育園に通っていた時は
おとなしい
お友達もいない子供だった
(いまも充分おとなしいです(^-^))


保育園はたくさんの種類の人間がいて
「家とちがう」
「のびのびできない」
と子供心に感じていた


もちろん当時の保育園の担当の先生にしてみれば
分け隔てなく
可愛がってもらっていたに違いないと思うが



私の心には
偏屈な祖母と(笑)


話もしないでずーっと
一緒にいる
NHKの教育テレビばかりみて
過ごす



1日のほうが
保育園で人に合わせて
まみれて過ごすより



ずっと楽しく
貴重に思えた
(当時、そう思っていたのかもと、今日考える)

保育園の給食と「今」食べること_a0390917_15311639.jpg
私の生まれた家は、
島根県


家の周りは
山、山、山


隣の家はあるんだけど山に隠れてみえない
大声でよるお風呂で歌を歌っても
まったく、誰にも
とがめられず


朝起きて、パジャマで外を歩いても
みているのは
鳥と、空と、
精々、野良猫くらい


家の前の国道は
1日に車が1台通るか通らないか


自動車が通ったら
「どこの家の車?」と
わざわざ確認に見に行くのが
日常

(これ本当)


近くに住んでるのもご高齢の方ばかりなので
なんというか
最近のテレビの話題とかというより
天気とか
町内会の話題とか、
お宮やお寺の行事のことなどが
立ち話であがる


もっと言えば、
「あそこのおばあちゃんがこの前なくなった」
「あそこの家のおじいさんが病気が」
「あそこのお寺さんの住職さんが・・」
とか


どちらかといえば
「生きる」
「死ぬ」
「お寺」
「お宮」
の話題に親たちの話題はあふれていたように
思い出す



そんな中で
育つと
同じ年の人間なかで、保育園で1日過ごすと
視点がちがうというか


話をしても楽しい
この人とお友達になりたいと
感じなかった
保育園の給食と「今」食べること_a0390917_20454346.jpg
誰が嫌いなわけでもなく、
ただ、そう感じる


家という「自分の空間」から
保育園という「外」の世界を
見せられて
子供心に戸惑っていたのだと思う


ひとつ、
保育園で「嫌い」だったと
はっきり覚えているもの


それは
「給食」


なんとなく覚えているのは
まだ、脱脂粉乳のミルクがでていた
あとは
ひたすら


ドライレーズンが
パンの中にもドッサリ入ってたり
サラダの中にも
ドライレーズン


蒸しパンの中にも

(笑)
とにかく、とにかく
レーズンが入っていて


それを
制限時間の中で
早く食べた人が「エライ子供」とされ
とにかく、量が食べれないのに
全部食べるまで
許されなかった


私は皆さんの予想通り


食べるのもマイペースで
ドライレーズン地獄に
恐怖を感じていたため('ω')ノ


給食居残り組


慣れてきたら、
ドライレーズンがどうしてもだめで
自分の机の中に
レーズンだけ穿り出して
隠してパンだけ食べたり工夫していた

保育園の給食と「今」食べること_a0390917_15311259.jpg
という、私のトラウマな時代の話
('ω')ノ



給食が全部食べれない、食べるのが遅い
だけで
「麻衣ちゃんが、また遅い」
「先生、麻衣ちゃんが干しブドウまた隠してるよ」
と告げ口する子もいて



給食から保育園が嫌いになったのかもしれない


嫌いなことが一つあると
行くのが億劫になるし
食べることをバカにする子供にも
近づきたくなくなった



お遊戯の時間や、お歌の時間
学芸会の時間、お絵かきの時間は
大好きだったけど



保育園はあんまり
積極的に
行かない子供だった



幸い
自宅に常に祖母がいて
親が面倒見れなくても
祖母が
(ぶっきらぼうな、そんなに優しくない人)

「保育園にいきたくないなら、行かなくていい」
と言ってくれていたので


保育園お休みが
多くても
少々、許されていた環境だった

保育園の給食と「今」食べること_a0390917_15301389.jpg
昔のことをなぜこんなに思い出すのだろう


それは、ある意味
ブログという自分の世界を持っている私の特権でもある



今も、「食」に関しては
悩みも多い


好きなものを口に入れられる「大人」になって
自由だからこそ


運動しながら
軽く体を感じ、自分のパフォーマンスが
のびのび表現できる
ための
「食事の量」
「内容」
「食べるタイミング」
を考える



何を、いつ食べるか
年齢とともに
「お腹だけ満たしていればいい」という
ことでいられなくなってきている



自分が「心地よい」「おいしい」と思うものを
丁寧に食べないと



胃のもたれや、むくみなど
不調がでてしまう



お酒も昔より飲まなくなった
コンビニの物品が
体に合わなくなった


毎回は難しいが
オーガニック野菜や、玄米
水も、実は飲むものは取り寄せの水



出来るだけ
砂糖、塩が
たくさん入っていない製品や
優しい刺激がくるものを
ついつい
選んでいる


でも、それが
体調管理に繋がり


自分の気分や
仕事のパフォーマンスを上げる事につながるから
私は、食べることに
向かい合わなくては・・・


私は私のペースで
食べて、生きていくしかないのだと
感じる
保育園の給食と「今」食べること_a0390917_15310326.jpg
給食イノコリ組だったこと、
ドライレーズン恐怖症だったことは
私の人生の暗黒時代。


でも、そんな私も


今は
独立できて、優しい仲間に囲まれている

お仕事は
まだまだ小さなちいさな事業だが
夢はでっかく(*^▽^*)

明日は100人養成コース参加希望者が
いらっしゃるかもしれない!
(夢みすぎ!)

問題は、昔どうだったか
自分と向かいあうことと


それを踏まえたうえで
どう生きていくか
(*^▽^*)


偉そうに言ってる私は
ドライレーズンを机に隠してた子供 ^^) _旦~~





by tororomai145 | 2020-01-20 21:29 | 生き方 | Trackback | Comments(0)

「私らしいレッスン」と「お客様にうけるレッスン」   

1月から自分の仕事の環境がガラリと変化した。


Lien(リアン)バレトン&バーワークススクール代表としては
1月からは引き続きだが、
グループレッスンやパーソナルトレーナーとして
「ホーム」「拠点」となる
スタジオが変わった。



受け入れてくれた新たなスタジオに
感謝をこめて

貢献しようと
すればするほど


新しいお客様に末永く自分のレッスンに通ってもらおうと
すればするほど



つい
お客様にウケる、人気の出るレッスン」
を実施しようとする
自分が現れる
(''_'')
「私らしいレッスン」と「お客様にうけるレッスン」_a0390917_22592956.jpg
どんなお仕事もそうだと思うが
インストラクター、パーソナルトレーナーも人気商売



人を呼ぶインストラクターを
箱、スタジオは望んでいる。



15年インストラクターをやっていて
やはり
最初の2・3年は
お客さまの色んな反応、スタジオ側の意見に
心を痛めたり
振り回された。




自分の確固たる
ポリシーも見つけられていない頃なので
当然といえば当然だった




「もっと、振付を難しくしてほしい」
「私は、ターンする振付が好きだから、あなたの振付と合わない」
「しゃべる言葉がぼんやりしてるから、はっきり言うべきだ」
「声が気に入らない」
「あのインストラクターと同じように、やってほしい」




大人の世界なので
直接言ってこない人が多いが、スタジオスタッフから
伝わってきたり




もちろん、肯定的な声も
たくさん頂いていた



しかし
否定的なご意見で
自分の頭と心がいっぱいになって
そこだけに
フォーカスがいく状態も
多くあった

「私らしいレッスン」と「お客様にうけるレッスン」_a0390917_23003566.jpg
インストラクターはエクササイズによるが
プレコリオ
(エクササイズによっては振付のフォーマットがあって、そのまま振付を覚えて提供するエクササイズもある)
でない限り




レッスンの構成、振付づくり、キューイング(言葉がけ)
シナリオ、雰囲気作り
つくったプログラムを体で覚える作業・練習
そして、
体の管理(スタイルの維持、食事、筋トレなどボディメイク、ボディケア)
自分のPR(営業、オーディションへの申し込み、SNSづくり)
自分のブラッシュアップ(勉強)



他のお仕事も
そうだと思うが



一つのお仕事のなかでも
クリエイティブな部分と、身体で表現するプレイヤーの部分
があり



片方の心理的な自信が揺らぐと
片方もグラグラしてくる( 一一)


15年細く長くこの仕事を続けてきて
自信がついてきたものの



大きな転換期に
お客様の層、ニーズがかわってくると
やはり
心が揺らぐ
「私らしいレッスン」と「お客様にうけるレッスン」_a0390917_22584666.jpg
今日は「どよーん」としていますね。

文章も、ここから雰囲気変えてみます(*^▽^*)



いろいろ考えたり
いろいろやってみて
結局


結局


結局

(^-^)


いつも
「私は私でしかない」
「私が良いと信じるものをお客様に提供するしかない」

いつもそこに行きつきます(*^▽^*)

明日も、きっと
試行錯誤するんだろうな。


でも、試行錯誤するのも
「良し」


「正解」のレッスンなんて
わからない

いろいろやってみて
私も、お客様も双方が心地よい
ところに行きつけたら・・・

素敵ですね(^-^)



by tororomai145 | 2020-01-07 23:49 | インストラクター | Trackback | Comments(0)