人気ブログランキング |

バレトン&バーワークスマスタートレーナー渡辺麻衣子オフィシャルブログ hirosimabarrew.exblog.jp

広島にあるBalletoneとBarreWRXという国際フィットネスライセンスを取得できるスクールLien(リアン)代表。15年間で11万人のお客様の指導経験を持つ。トレーニング経験は5万時間以上のトレーナーであり、フリーインストラクターとして、一般からプロまでを指導。スクール情報や日常までアップ!!


by バレトン&バーワークスマスタートレーナー渡辺麻衣子
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

タグ:渡辺麻衣子 ( 1 ) タグの人気記事

父のこと

こんばわ!(*^▽^*)

1月4日。私の住んでるご近所もリフォーム中のお宅の工事が再開になったり
「町がうごきだしている」
お仕事が始まってるな~と
いう感じがします。



今日のブログは私の父について
(^-^)


父は今75歳くらい

小さな印刷屋を今もほぞ細、経営していて
私の小さいときは
事務所で泊まることも多かった。

父が家に帰ってきたら
うれしかったな

父のこと_a0390917_21023703.jpg
どちらかというと
私は、父親っ子。



母よりも、自分のことを理解してくれる気がしてたから



ほんとに昭和の男の人で


無口
(必要な「連絡」もないくらい言葉というものを使用しない人)
ヘビースモーカー
(今も吸ってる)


言葉というものを使用しないというのは
言い過ぎかもというと、この人の場合そうではない(笑)


何考えてるか、
他人から見ると想像することしかできないので



「何考えてるかわからない・仙人みたいな人
威厳があり、存在感がある人



普段何も言わないけど
怒られたら
すっごく怖かった



お酒飲まない代わり
ビールくらいは飲むけど
350ミリ缶で赤くなってしまう感じ
父のこと_a0390917_17585817.jpg
あまり友人が多い人ではないように
子供からみて感じるくらい
人付き合いが少ない人。


仕事一筋


芸術家タイプ。引きこもって一人で黙々とやるのが好きなんだなと思う。

あと、

正直な事しか言わない
思ったことしか言わない人
なので、絶対、会社員とかできない人


でも、こんな父が好き。


何考えてるかわかんないという、困ったところもあるけど。
好感を持った人には
とても優しい。人情をもって人と接する人
(好かれてるかどうか、わかりにくいけど(笑))



父がこうなので、私は
言葉でうまく人に伝えなれない人
無口な人
不器用な人に
弱い(*_*;傾向が・・・・

ついつい。かまっちゃう!!

ここ、私のウィークポイント!



アッ!話それちゃった・・・。
軌道修正・・。




嘘を言わない、言えない父だったので
父が言ったことはみんな本当に思ったことだと感じてた。

なので、父に褒められると
私は、大人になってもすごく嬉しい(*^▽^*)
父のこと_a0390917_19440089.jpg
高校の時から私は寮生活に入ったので
仕事場に泊まることもあった父とは、
一緒に暮らした感覚というのが、私のなかであまりない。


でも、人生のなかで私が迷ったり、悩んだりしてると
「お前は自分の思った事しかできない。
お前の思うとおりにしなさい」
と、いつも言った。


母は、そんな父を
「無責任だ」「何もアドバイスしない」と
言ったけど


私は、父の言葉が嬉しかった


私の可能性を信じてる言葉に
聞こえたから
信用されてる気がした。



父は体が小さく、内臓系が弱い感じ。

胃が弱いし、父は何度も潰瘍を胃に作っている。
数年前は、すい臓も悪くして
命の心配もした。



あまり関連づけてると
きりがないが

父が命の危険があって入院する
怪我をするときは


決まって、
私が悩んでいるとき、身体を壊してる時、怪我で苦しんでいるとき
と時期が重なっている


何度かそういうことがあって
「わしが調子悪いということは、麻衣子も今何かあるんでは・・。」と
父が思うほど
父のこと_a0390917_20061915.jpg
まー。この辺りは家族同士の感覚の問題なので(^-^)

ふ~ん。そうなんだくらいで
思っといてもらえると(*^▽^*)

でも、体調のシンクロは、母とはしたことが全然ない(笑)



独立する報告に行ったとき

父も、「わしも、麻衣子は一人でやったほうがいいと思ってた」と
言って、喜んでくれた。
(思ってたんだ。早く言ってくれてもよかったよ?お父ちゃん)(*^▽^*)


上記の犬の写真は
フレンチブルドックの「ゲン」2年前のお正月に逝ってしまったけど
私が飼っていた犬。

私が、一人で飼っていて、お散歩にも連れていけなくなったので
実家へ泣く泣く預けることに。

預けるときは
母は大丈夫だったが、父が
「鼻がぺちゃんこの犬は、好きじゃない」
と、拒否反応を示した。


そうよね。AB型だし(笑)父だったら
言うかも。くらいに私と母は受け止めて
ゲンを島根に搬送(^-^)


それで、あずけて1か月後
母から電話が
「お父さんが、可愛がって、甘やかしている」
はい。こうなることは。すでにわかってました。
と母と2人で笑った(^-^)


私も離れてとても寂しかったけど、それはゲンも同じ。
8年、9年くらい
父と母はゲンを可愛がってくれた。

そして、ゲンが逝ったときは
状況を詳しく、家の近くにキチンと埋葬してくれたことまで
(普段の父のメールの長さは極短だが、このときは長文)
父がメールで教えてくれた。

父のこと_a0390917_17585236.jpg
父の話で、こんなにブログ書けるとは(^-^)

お父さんネタにしてごめんね。

でも、読んでないだろうから(笑)

お父さん、(人''▽`)ありがとう☆
元気でいてね!


by tororomai145 | 2020-01-04 20:33 | Trackback | Comments(0)