人気ブログランキング |

タグ:生き方 ( 5 ) タグの人気記事   

自分の力で「私を信じて輝く」こと   

最近、自分のバレトンの映像を自分で撮影して
仲間に送るってことがあって


よく、こういう機会は
あって
生徒さんから質問があると
LINEで短い映像をとってお送りしたり・・・


こういう機会
写真撮影とかでもそうなんですが


実は、緊張します!
((+_+))



いえ、動けてる。それなりに動いて撮影して
送るんだけど!('ω')ノ



なんか
もう一つ動きが硬い
もう一つ大きく、心を開放して
表現したい
できるはず
('ω')ノ



そんな思いが、自分のなかでいつもあります



映像とって、自分でチェックすると
それが客観的にみれるので
勉強になるし


ほんと、自分の課題だな~って
何年も思うことなんですが
改めて思いました

自分の力で「私を信じて輝く」こと_a0390917_18521744.jpg
(画像はネットからお借りしております)



やっぱり
「この映像見た人はどう思うかしら」と
頭の隅っこでどこかで考えてしまう
ところありますね



「動きがどう評価されるか」
「上手に動けてるか?」



私は
評価されることが怖い
のですね
((+_+))



それで、無意識で
体が委縮してしまうことが
起こっているんだと
思います


これまでが
日々思ってきたことで、



今日、ふと頭に思いうかんだこと
があります!('ω')ノ


「無意識に委縮してしまっている
流れをスパッと
終わらせよう」


「人にどう思われるかではなく
自分の力で自分を信じて
輝いて
映像に映らなければ!
これからは
やっていけない!」


結局、何を考えていても
行動しなくては現実は変わりませんよね~





結局「自分がやるか、やらないか」




長い間

心の習慣で、



他人の目を気にして
「遠慮して動く、目立たないように動く」
「他人になにか言われないように行動する」
「能力もないのに、調子にのらない」
これを無意識に私は何年もやってきたので




フリーランスで自由の身分になっても
癖になっていて
古い習慣を引きずって
生きている瞬間があるんだな~と



発見('ω')ノ



今日、自分で初めて自覚して、腑に落ちました('ω')ノ
自分の力で「私を信じて輝く」こと_a0390917_18513700.jpeg
私が腑に落ちるまでの流れ
「委縮してしまう」
「自分を殺してしまう」
癖がついてしまった流れについては



このブログで何度か



「理由」を
自分で探してみなさんに
心の内側を公開しています



・子供のころから、よくも悪くも目立つことが多く。
 ちょっと目立つと他人に悪口いわれるので。
 傷つくことが多く、
 嫌で遠慮して行動していたこと

・大人になってからも、会社の常識だからと言われ
「空気を読む」ことをがんばって人に、社会に順応しようと努力したが
 結局、自分は自分でしかなく
 努力しても、人間関係がうまくいかなかった経験がある

・怪我をしていた。いまも痛みがある部位があること
・体調も崩していたこと



これが自分で今まで、「できなかった理由」



こう文章で書きだして
自分の人生を振り返ることで
自分年表を目で確認する意味はあるかもしれませんが




でもあくまで「理由」は理由であって
それ以上にはならなくて



自分の行動と思考を
変えることって
「パン!」って手をたたくように

一瞬でできるんだとおもいます




劇団に所属していた頃もそうだったけど
舞台にあがったのなら
「やるしかない」
舞台にたつ資格があるか、ないか考えてる時間はもうない
・・・・・・・・




自分が女優である
演技する者であると
信じる

暗示をかける
事をして演技していましたが
それって「一瞬」なんですよね
自分の力で「私を信じて輝く」こと_a0390917_19553899.jpg
逆に


自分を信じられる

のびのびと気分よくいられる、動ける瞬間って


思い出してみたら



・周囲がプロのダンサーばかりで「綺麗に動く」こと堂々と動ける人の集団のなかで、自分が動ける時
・人に褒められたとき
・他人との、コミニケーションがうまくいったとき
・良い出来事があった

そんな時ですね('ω')ノ



こうやって書き出すと一目瞭然



他者の力や、
外の環境の力を借りて
私は
活き活きできることが多い
('ω')ノ




もちろん
周囲のおかげで「生きている」ことへの感謝は
変わりません



でも

もう少し




私が私の内側から
自分を信じて
輝ける・行動できるように
なれたら
(#^.^#)



それが

新たな人生の転機からの
私の次の課題なのかな・・・・・



今日はふと、そんなことを思いました(#^.^#)




以下、Lien(リアン)スケジュール載せておきます
お問いあわせお待ちしております


5月3・4・5日 バレトン スタンディングフロー・インストラクター養成コース
(詳細は下記バナーをクリックすることでご覧になれます)
3月20日 バレトン インストラクター(スタンディングフロー)と
バーワークス インストラクター 
資格更新ブラッシュアップ 


4月12日 バレトンもしくはバーワークス 体験レッスン&ブラッシュアップ


4月26日 東京 代官山トークマルシェ登壇


5月6日 バレトンもしくはバーワークス体験会
バレトンもしくはバーワークスブラッシュアップ
(詳細は下記URLからご覧になれます)https://hirosimabarrew.exblog.jp/fp/burassyuappu/



5月17・24・31日 バレトン ソールシンセシス インストラクター養成コース
(詳細は下記URLからご覧になれます)



6月1日 バレトンもしくはバーワークス体験会
バレトン・バーワークスインストラクターブラッシュアップ
(詳細は下記URLよりご覧になれます)


7月23・24・25日/8月30日 バーワークスインストラクター養成コース
(下記、URLよりバーワークスの魅力についてご覧になれます)


by tororomai145 | 2020-02-22 20:24 | | Trackback | Comments(0)

自分を「好き」になること   

2月14日バレンタインデーでしたね
(*^▽^*)



甘いものは好きなので
この季節、結局、自分で
美味しいチョコを買って
一人でワインと一緒に・・・飲むのが


太るもとですが ^^) _旦~~



これが1番おいしい!


今年はお世話になっている3名の方へ
だけ
感謝チョコを
お渡ししました~



世の中が
愛と感謝にあふれていた今日(#^.^#)


ふと
思ったのは


「私は、私自身を好きなのかしら?」
「私、自身を愛せて、生きてる?」
そんな事を思いました


まー。そもそも


こんな風に思える
時間や、心の余裕ができてきたってことで
私って、幸せなんだなって思うんです


昨年の、今頃

1年前の自分は


まだ会社員で、会社を辞める決断もしてない頃
バレンタインも誰にチョコを渡すでもなく
渡す、渡さないを考える
心の余裕はなかったな~
(^-^)



1年後、こんなに穏やかな気持ちで

しかも!
ブログを書いてる!
('ω')ノ

そう!1年前は想像してなかったな
自分が毎日ブログ書くようになるなんて('ω')ノ



人生って不思議ですね
(会社辞めるのが、いいとか。悪いとかは置いといて)


一歩、踏み出して行動したら
心が穏やかになったり、自分の行動が変わったり
世界が全然ちがってくる


1年前の私があったら
今日の私があるんだと思うし
過去の自分に敬意をはらいながら


今日の自分が人生で一番
好きかもです
(^_-)-☆
自分を「好き」になること_a0390917_22193198.jpg
自己啓発本とか

3・4年前くらいまでたくさん読んでいた時期がありました



今は淡々と毎日を頑張る!前進することに集中したいので
本はまるで読んでない生活
(極端なんです(*^▽^*))



啓発本は、読んだら気持ちが
楽になるというか
ポジティブになれる手助けをしてくれる



本の中で

共通して書いてあることは


「自分を愛すること」
「自分を好きになる事」
「自分を信じること」

これが大切だと
書いてある



まー
(*'▽')
その通りなんだろうな

納得はする
そうだと思う


だって、例えばバレトンとか全力でみなさんに勧めてる私は
バレトン本当は、信じてなかったら・・・

それって信用にかかわるし

それって根本から崩れる・・・


これはたとえ話(#^.^#)!で


私という人間が
私を信じてない
実は好きじゃない

自分を信頼していない人を
人は信用してくれないのかもしれない
ついてきてくれないのかもしれない
自分を「好き」になること_a0390917_20422876.jpg
でも

本に書いてあること

実は

全部納得いってない

腑に落ちてないような
ところが

自分のなかに・・・うーん

あるな!
あります!

あるかもしれません!
いえ。あります(*^▽^*)


なんか、いつも「自分好き!」「大好き」
それだけではいられない
瞬間は!!
ある


もしかしたら
それは「自分を芯から信じていない」
って言えるかもしれません


気持ちの奥底に
「盲目的に、自分を信じる」
怖さみたいな
ものを私は感じています



わたしも自分を疑うことは
実は
しょっちゅうあります~



古い記憶というか

子供のころから
作文や絵で賞とかとったら
友達から嫌味をいわれたり

目立つと、いろいろ周囲に言われるので


無意識に
「おとなしく、
普通のラインでとどめておこう」


みたいな、
全力を発揮することへの
恐れ


無難に生きることを
いつも選んでしまう癖


自分はあると感じています


レッスンとか、身体を動かす仕事をしてますが
すこし、小さく動く癖が
私はあって

いまは、意識して

いつも全力で、100パーセントで
動くように

頑張り中




そんな癖が
ちょこ、ちょこ顏を生活のなかで
出す私


「私は、私がすきですか?」
と自分に聞いてみる・・・・


ポク・ポク・ポク・ポク・ポク・ポク・・・・・・・・

チーン!!('ω')ノ
(一休さん)(わかる人はわかる(笑))




インストラクターやってたり
女優やってたり
自分の写真を公表したりは
嫌じゃないし



基本、「自分好き」な人間でないと
上記のことはできないと思う( ^)o(^ )



会社員も、私自身が「自由」すぎて(笑)
枠に収まりきらなったわけで

フリーランスの今の自分

大好きです!(*^▽^*)
自分を「好き」になること_a0390917_20421979.jpg
基本は「大好き」なんだけど

時々、昔の「癖」が顏をだすんですよね~


例えば

自分は本当はこの日仕事入れたくないけど・・・
相手お顔色みちゃったり
相手の気持ちを先読みしちゃって

お仕事、沢山受けちゃって

自分が疲弊してしまったり



つい
自分を後回しにしてしまうことが
あるかな~


結局

自分を好きになる
自分を信じるって



実行するか・実行しないか
信じるか・信じないか
それだけな事かもしれません

考えて躊躇している
うちは
一歩踏み出せていない



ツラツラ
自問自答書いてますね~




ポジティブに考えると!
(*'▽')


1年前の私は

こんな「癖」が自分のなかにある事すら
気づいてなかった訳で


気づいて
意識できてきたってことは

これも成長!
(*'▽')

あ!

でも、最近、自分を甘やかして
結構
沢山食べてたりすることもあって

甘やかし注意です!

気を付けます!



バレンタインデー
愛溢れる日

今日もツラツラ・・・・・ブログがすすみました('ω')ノ

みなさん!ここまで読んでくださって!
今日もありがとうです!
<(_ _)>


by tororomai145 | 2020-02-14 22:56 | | Trackback | Comments(0)

女優やってました(*^▽^*)   

BGM。

何回もみてあらすじを覚えてる映画をながして
音声を耳でききながら
ブログ書いたりしてます。


今日の映画BGMは
「天地明〇」という数年前の角川映画
主演の俳優さんが好きで
映画見たら


天文学の話で、時代は徳川時代末期
話のスケールが大きくて好き

物事の視野が広くなるような気がして
映画事態が良かったです


さて、


私、渡辺麻衣子
Lien(リアン)バレトンとバーワークス スクール広島
代表やってます。
インストラクターを育てる仕事です
(^_-)-☆

このように今はフィットネス業界で
インストラクター・トレーナーとして
働いている私

でも、以前は保育士をやっていました

保育士も大変体力を使うお仕事で
体力づくりに

趣味でスポーツジムへ通い
エアロビクスを一般で楽しんだりして
いました
女優やってました(*^▽^*)_a0390917_14245917.jpg
体力づくりの趣味と、もう1つ

趣味があって

当時岡山市に住んでいたんですが


劇団に所属していました
(^^)/
私を含めみなさん仕事を持ちながら
毎週稽古の日に集まる


年に1回?は
必ず料金をとってホールを借りて
新劇っていうんですかね?ジャンルは。


(日常をそのまま舞台で演じる。日常生活、近代に生活にちかい
内容を表現する演劇ジャンル)



定期的に公演する
岡山では老舗といわれる
劇団でしたね


講演もきちんと
代表が戯曲(シナリオ)を書いてそれを演じたり


有名戯曲を正式に
手続したうえで、講演させてもらったり


きちんと
発声練習や、ストレッチ
早口言葉くらいの
腹筋運動(^_-)-☆



の稽古も団員みんなで練習してました~


ミュージカルでないので

妖精になったり(笑)
ネズミになったりの役はあんまりすることなくて


人間の女性を演じる
ことが多かったかな?
そんな戯曲がおおかった



覚えてる一つの役は


詐欺師の役
タバコを吸うような
40代くらいの詐欺師の女性で


「私って、人をだまそうとするように誤解されるけど
本当はかわいそうなの」


みたいなセリフがあったようななかったような


7人くらいの男女のグループが
ホテルか、列車の社内に集まって


様々な人間模様が繰り広げられる
お話だったような記憶があります



派手さはなかったし、ダンスもない舞台だったけど

ほんとに、真剣にみんなやってました


人間の心を描く
人間の醜さ、素敵さ
生き方
素晴らしさを

地味に訴えるような
作品を多くやっていて

この劇団に通うの
大好きでした



代表の演技のダメ出しも
素人ながら、本格的なものだったな~


岡山を離れて
十年以上たってしまいましたが

同じ劇団員だった人達は
今どうしてるだろう

案外、何人か
まだ同じように、同じ劇団でやっていたりして
女優やってました(*^▽^*)_a0390917_14250354.jpg
演技をするのは

じつは小さいときから大好きでした


この岡山の劇団も、自分で見つけて、見学に行って
自分から「入れてください!」といって
入団しました
(オーディションはなかったよ(笑))


私は
学校にあまり行かない子だったけど


音楽の時間や図工の時間がある日は
行っていて(笑)
('ω')ノ


あと、学習発表会の練習があるような
期間は行ってました
(ほんと、好きな事ができる時だけ、自主的に行く('ω')ノ)
(言ってて、自分で面白い)


学習発表会で
小学校とかで劇とかクラスでやって
おばあさんの役をやったり

貴族のお金持ちの女性の役をやったり


普段の自分と
違うことをして、違う発言をしていい
時間みたいに感じて

役を演じてる時は
のびのび生きてる感覚があった
('ω')ノ


演技してる時は
ほんとに楽しかったです!
(今は、現実を生きてるほうが楽しいですよ!('ω')ノ)

あと、劇とか、歌とか、絵をかいたりとか
大人にたくさん
褒めてもらえることが
多かったです

これ、嬉しい!

褒めてもらえるって、ほんとに嬉しいですよね!



短大のときも
幼児教育学科で
人形劇(着ぐるみのなかにはいって演技する)
劇をやったりが
授業であったんです~


私も得意だったので
楽しくやっていて、成績もよかったです。


あるとき
島根県の有名な劇団の代表に
「あなた、うちの劇団に入りなさい!」って言われて
スカウトされて


嬉しくて、就職せずに、入団しそうになったことも(笑)
ありましたね!
女優やってました(*^▽^*)_a0390917_14250816.jpg
なので、岡山で仕事しながら
劇団に通うのは
とても楽しくて

趣味でしたが
のめり込んでましたね。


昭和の劇団の色がこく

稽古がおわったら

近くの行きつけの場末(シンプルに表現すればこんな感じ)の飲み屋に
みんなでいって

お酒を飲み飲み

今日の稽古のダメ出しをもう1回したり

大人がぐちぐち言ったりを
眺めたり


そういう場にみんなで
集うのが

私は大好きだったから
(一人ぼっちより、よっぽど楽しかった)


お酒に付き合って、みんなで帰るまで
全部が大好きでした


メンバーが辞めていったり
家庭の事情で劇団の色が変わっていったり
私自身が、引っ越ししたりで
岡山や劇団とは
全く離れてしまいましたが


いい思い出です!


また、機会があったら
舞台のお仕事したいな~
(なんて、言ったもの勝ちです(*^▽^*)!)



by tororomai145 | 2020-02-12 14:59 | 繋がり・絆・ご縁 | Trackback | Comments(0)

祖父と祖母のこと   

今日は大好きなビジネスの先輩と、お電話でお話することがあって
勇気がもらえました(^-^)



1月は、新しい環境に慣れるのに精一杯で
ちょっと「息切れ」した感じも
ありましたが


これで明日から2月に向かって頑張れそう!
(#^.^#)



さて、今日は「家族についてシリーズ」
(勝手に命名)



(父ちゃん、母ちゃんは ^^) _旦~~すでに登場しております)
https://hirosimabarrew.exblog.jp/239898025/
https://hirosimabarrew.exblog.jp/239932847/
my過去ブログ貼っておきます
(*^▽^*)



今日は、祖父と祖母について
(2人とも他界しておりますが、空の上で読んでくれてるね。きっと)
祖父と祖母のこと_a0390917_22152811.jpg
私がここで「祖父」「祖母」と紹介する人達は
私の実のおじいちゃん、おばあちゃんではありません。


私は本当の祖父と祖母とは一緒に暮らしたことは
なく。


私が「祖父」「祖母」と呼ぶ人達は
本当は
「大叔父」「大叔母」にあたるのだと
思います。


私の母は
小さい時に、本当の親に育てられず
母の親の兄弟夫婦の家庭に養子に入って、育ったそうです。



私の父や、母の時代は
そのような事例がたくさんあったと
私は自分の父から聞きました。


母が引き取られた家は
「渡邉家」


屋号を「山中」(やまなか)という
その名のとおり、山の中の一軒家です。


私の母が「お父さん」と呼ぶ
私の「祖父」は
私のきいた話では
体を弱かったため、戦争には召集されなかったそうです。


そうかもしれません。祖父はほんとに
体付きも細く、
子供の目にも、元気に活動しているところは
記憶にありません。


祖父は、近所のお宮の「総代」(ソウダイ)
(神職ではないけれど、地域氏子の代表を務める人)
を長年務めていたようです。
私の記憶でもとても信心深い人でした。


お寺とも関係が深く
「門徒」(モント)の、やっぱり代表格
だったようで


祖父が亡くなった後も
地域から、一目置かれる
そんな「渡邉家」、祖父でした。


祖父は優しい人だったように思います。

大きな声で怒鳴られた記憶はあまりありません。
(注意されたり、諭されたりはありました)


祖父に諭された内容で覚えているのは
「節約」「節制」
水の使い方、履物のそろえ方
トイレットペーパーの1度の量
そんなことを
教えてくれた祖父でした



母を心から可愛がり、戦争が終わって間もないのに
「芸は身を助けるから」と
母に日本舞踊を習わせ
母の将来を真剣に考えていたんだと、思います。



そして、母そっくりの孫の私を
とても可愛がってくれたのを
ほんとによく覚えています


祖父が小さな私に
「お雛様」だからと


野原で畑仕事の合間に
木の丸太を切って
2つ並べて、お内裏様とお雛様
木くずを「桜」にみたてて
パラパラ
お雛様のうえに振りかけて


「麻衣子。お雛様。おめでとう」と
お祝いしてくれたのを
これを書きながら思い出しました(#^.^#)


覚えているのは
嬉しかったからだろうな~
祖父と祖母のこと_a0390917_22512280.jpg
「祖母」は
祖父とは、違う質の「厳しさ」をもっていました


祖母は
ぶっきらぼうで、人につらく当たる事しかできない
いえ、
そんな言葉しか口から発声できない
気質をもっていました


祖母の兄妹(5人くらいいた)に
会ったことがあるんですが
みんなおんなじ性格


子供心に「この兄妹とお家で育ったならしょうがないかも」
と感じたような・・・


優しい気持ちはもっていて
義理の娘の母をとても可愛がっていたのは
よくわかりました


砂糖をふんだんに使って
手作りのお菓子を
祖母はよく作っていました


母が小さい時は
頻繁に作っていたそうです。


母の娘である私の事も
嫌いではなかったというか
可愛がってくれました。


保育園、小学校に行かない私を
「行きたくないなら、行かなくていい」と
(ぶつぶつ、文句をいいながらも)
(*^▽^*)

面倒みてくれました


性格が男の方みたいな人でしたね


心で思っていることを
素直に言えないというか
極端に(ほんと、極端に)
反対の事を、口から発声してしまうんです


私が小さいときは
小学校の低学年くらいまで
学校がえり、途中まで迎えにきてくれていました。


小さいときによくしてもらった
祖母の「おんぶ」

祖母の匂い
よく覚えています


草や、汗の匂いが入り混じった
お世辞にも、いい匂いではありませんでしたが


普段、悪態を家族にむかって
ついている祖母の
優しい面に触れる瞬間が

私は好きでした
祖父と祖母のこと_a0390917_23064954.jpg
今も、私の田舎の匂い
懐かしい匂いというキーワードで
思い出すのは


この祖母の「おんぶ」の時の
背中の匂いです


女性ながら肩幅はとても広く
筋骨隆々
ほんとに、祖父に上げたらいいのにというほどの
体付きの祖母


晩年、病気を発症するギリギリまで
畑仕事をしていたそうです


優しい祖父ではなく
祖母の匂いを小さい時の匂いで
思い出すのは


幼少期のそれだけたくさんの時間を
祖母と過ごしたせいでしょう
(祖父のほうが他界が早かったので)



「おばあちゃん。
小さいとき一緒にいてくれてありがとう!」
(*^▽^*)」

生まれ育った家から
離れて何十年とたちますが


「理想の暮らし」と言われると
実家の暮らしが「理想」に
年々、なってきました


5年前くらいは
都会が一番、食べ物も洋風の食べ物、お酒
が私の大好物でしたが


自分の食べ物
住みたいところ
いろんな好みが
変化しつつあり


それが、「生まれ育った場所」に
年々近づいてきている
いえ
戻っていっている
のを感じます。


コンビニもなにもない、いまでも
近所に家がない
静かな家


そこには一生もう
住まない、住めないのかもしれないけど


気持ちが落ち着く場所です



by tororomai145 | 2020-01-29 23:25 | | Trackback | Comments(0)

自分の中のバランス   

自分の中のバランス_a0390917_22013894.jpg

これは、去年撮ったお写真。


夜19:00に行った、クラブさんで
「クリスマスウィーク」というイベントがあって


インストラクターがクリスマスの仮装をしたり、クリスマスソングのCDで
レッスンを盛り上げてください的な


マネージャー直々に、
「先生の、衣装!とっても楽しみにしております!」と
言われ


('◇')ゞ

何か、使命感がわき


15日の日曜日に、空き時間があったので
東急ハンズで
サンタ衣装を購入

今日は、いつも持ち歩いてる
おおきなリュックサック(最近、リュックサックって呼ぶのかな?)
に、サンタ衣装も詰め込んで



19:00のレッスンへ!



でも、移動しながら
「なんか、まだ18日だし、早すぎない?」
って思ったので



クラブ到着時に
フロントの女子に聞いてみたら。



「クリスマス・ウィークは、明日からです~」

はい。聞いてみてよかったです(*_*)

一日はやく、スタジオでサンタ衣装着るとこだった~('ω')ノ


自分の中のバランス_a0390917_21011025.jpg
マネージャー直々に言われたから、
なにか期待に応えなきゃと思ってしまい。


フライングするとこでした。


きっと、マネージャーのM氏は
「先生、楽しみにしてます~」って言ったことも
覚えてないとおもう( 一一)!



↑こんなエピソードも
日常茶飯事。


インストラクターっ
て職業のイメージって
シャキシャキしてて、てきぱきしてて・・・。
と、思われがちですが、


結構、わたし

ぼんやりしてます!(^^)!

あと、バランス悪いところ
結構あるな~と
自分でおもっていて。



・食事もパクパク食べる期間と、あんまり食べなくていい期間もある


・運動やトレーニングを「やりすぎ」てしまう傾向がある


・レッスンスタジオでレッスンしてる時と、普段の感じが全然違うとよく言われる


・家事は「お掃除」はすっごく好き。部屋はきれいなほう。
だけど、料理に関してはまったく興味がない。


・全体的に、オンとオフの差が激しいと自分で思う


・机の上での勉強は、極力したくない。
自分の体で体験したことしか、納得できない傾向がある



などなど

自分の中のバランス_a0390917_21020841.jpg
「中間」とか、真ん中あたりを
なんとかとって
生きていきたいな~って

結構な昔から思っているんですが


なっかなか

難しいです!('◇')ゞ

結論。

これが「私」なんだろうな<(_ _)>






by tororomai145 | 2019-12-18 22:34 | | Trackback | Comments(0)