人気ブログランキング |

バレトン&バーワークスマスタートレーナー渡辺麻衣子オフィシャルブログ hirosimabarrew.exblog.jp

広島にあるBalletoneとBarreWRXという国際フィットネスライセンスを取得できるスクールLien(リアン)代表。15年間で11万人のお客様の指導経験を持つ。トレーニング経験は5万時間以上のトレーナーであり、フリーインストラクターとして、一般からプロまでを指導。スクール情報や日常までアップ!!


by バレトン&バーワークスマスタートレーナー渡辺麻衣子
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
私の父は
石見神楽(いわみ かぐら)
という舞を
舞う



石見神楽(いわみかぐら)とは
島根県石見地方の地域コミュニティーグループで、
主に秋祭り
(コメの収穫を神に感謝する祭)に神に奉納する舞が
原型

秋祭りにお宮で夜通し
石見神楽を地域みんなで楽しむのが
石見地方の伝統


奉納する舞と言っても、地域の人々を楽しませる
エンターテイメント性が、やや強く

古事記や日本書紀の、古来の神話を題材に
各社中ごとに戯曲や演出を
駆使して演じる

「ヤマタノオロチ」「天岩戸」など
安全な火薬や、安全な花火のような道具を駆使して
煙の演出など、派手さもあり

近年、秋祭り以外でも、いろいろなステージに呼ばれ
神楽社中が全国で
自分たちの独自の舞を披露している


上記は私の子供の頃の知識も入っているので、今の状況と合致しないところも
あるかもです<(_ _)>

参考にさせて頂いたHP「石見神楽公式サイト」




私の小さな時はお宮で夜通し
石見神楽を眺めていた
(退屈だったけど(*^▽^*)
父が出演してたし
太鼓とか火花、火薬の演出が出る瞬間は
子供心に面白く感じた)


今は、もう夜通し舞って
地域の人と過ごすことは
なくなってきているのかもしれない


今度調べてみます(*^▽^*)



父は今も舞っているのかな?


これも今度聞いてみよう('ω')ノ


舞ってなくても
お囃子(おはやし)和楽器を奏でることは
していると思う




近所のお宮には




必ず神楽社中(かぐら しゃちゅう)があって




お宮の管轄地域に住む男性は

必ず所属することになっている($・・)/~~~




神楽社中は男性だけで構成される


なんで私がこんなに詳しいのかというと


これが私の子供の頃の
生活の
普通の
風景だったから('ω')ノ
石見神楽(いわみ かぐら)からの将来住みたい家_a0390917_19502968.jpg
(写真はネットからお借りしております)

何故、急にこんな話?になってるかというと

最近、「山菜食べたい」とかお花見とか
なんかいろいろ
故郷のことを思い出すことが多く

今日は父の神楽をふと思い出したので(^_-)-☆

子供時代の私の日常の風景というと
父のやっていた
石見神楽が身近にあったな~と
('ω')ノ('ω')ノ('ω')ノ




神楽を舞う父
日本舞踊の名取りの母


秋の地域の文化祭のときは

公民館の小さな舞台だが



父は神楽社中の一人、母はピンで舞台出演

子供心に嬉しかった(*^▽^*)


秋が近くなると

父も仕事が終わってから毎日のようにお宮に行き
近所の皆さんと神楽の舞の練習


休まずに行く父

基本、好きなんだと思う



でも

日本舞踊も、神楽も子供の私には

両親が演技している最中は面白く思えず

退屈だった($・・)/~~~


ただ、父と母が出演してるから
嬉しいだけ('ω')ノ


私が生まれた島根県石見地方は

お米を作っているお家が多い



田んぼを所有しているお家が多く

近所には必ず小さなお宮がある





わたしが小学校くらいの時に


お宮で「巫女舞」(みこまい)
神に奉納する女の子の舞の順番がきて
(人口少ないから、必ず回ってくる)

練習した記憶がある


お宮の神様の前で近所の女の子と
私と2人で舞う


近所のおじいちゃんが教えてくれたのだが

私が覚えが悪いので怒られたような記憶(笑)




基本、駆り出されてるから、やる気はないし
('ω')ノ

させられていた感じ満載でやってたが
結局、本番はなんとか踊れた



今、思えば
誰もが経験できることではないな~と
思い起こしてみる
石見神楽(いわみ かぐら)からの将来住みたい家_a0390917_20205081.jpg
石見神楽は

日本の古い神話を題材にした演目だらけで

「八岐大蛇(ヤマタノオロチ)」
「天岩戸(アマノイワト)」

の演目はあくびがでるくらい何回も見たことがあって

日本の神話は私は神楽で何個か覚えた




お米を育て

それを神に感謝するという行為を

日常の風景として眺めながら育った私


お宮、神社は暮らしの身近に存在していた
(今も、神社やお寺は行ったら落ち着く)



子供時代の私の食生活は

お米、山菜、野菜、イモ
が中心

出てきて魚の献立が多かった



そんな環境からいまは遠く離れてしまったが


このブログでも書いてるように


段々、食事の好みが

子供時代に食べていたものが
食べたいと思うようになってきた
($・・)/~~~
ワインも、肉も甘いものも美味しい!!!

食べたいけど!

すぐ胃がもたれる・・・・!!
調子が悪くなる・・・・!!

歳かな?(笑)(*^▽^*)


石見神楽(いわみ かぐら)からの将来住みたい家_a0390917_20393042.jpg
食事が子供時代の食べていたものが心地よくなってきているので


次に好みが戻っていくのは


自分が身を置く環境
好きなところ
休日に落ち着くと感じるところが

だんだん
生まれ育った環境に近づいていって

実家のような雰囲気の
家と環境に住みたくなって
くるのかな?





ふと思った4月8日でした(*^▽^*)



いえ。

思うだけで、何十年単位のスパンの話



すぐ住む家変えるわけ行かないし

いまから農家に転身できないし

なので自分の夢



いまも、実はそこそこ



落ち着いた、自然がいっぱいの地域に住んでいます(*^▽^*)
静かですよ!




私の畑じゃないけど(笑)
家の裏は大きな畑があって

近所のおじいちゃんが毎日、作業してます。




私自身が土いじりをするようになったら
それは大ニュース('ω')ノ(笑)




だって最近やっと
台所に立つようになった人なので

土いじりして、作物を育てるところは
ハードル高いですね!( ゚Д゚)
もし、そんなことがあったら
お知らせします(笑)




わかりませんよ・・・

だって、去年の年末
「台所にたたない」「料理しない!」って
豪語してた私が

いまや餡子作ったり
簡単ながら、調理したものを
食べるようになってきている・・・・・・

人間、変わるもんですね・・・・・




神楽から、話があっち行ったりこっち行ったりの
今日でしたが



はい!今日のまとめ
まずはいま暮らしているところで
楽しんで、頑張って生きていきます!!!
(^_-)-☆


by tororomai145 | 2020-04-08 21:13 | 繋がり・絆・ご縁 | Trackback | Comments(0)