人気ブログランキング |

バレトン&バーワークスマスタートレーナー渡辺麻衣子オフィシャルブログ hirosimabarrew.exblog.jp

広島にあるBalletoneとBarreWRXという国際フィットネスライセンスを取得できるスクールLien(リアン)代表。15年間で11万人のお客様の指導経験を持つ。トレーニング経験は5万時間以上のトレーナーであり、フリーインストラクターとして、一般からプロまでを指導。スクール情報や日常までアップ!!


by バレトン&バーワークスマスタートレーナー渡辺麻衣子
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

祖父と祖母のこと

今日は大好きなビジネスの先輩と、お電話でお話することがあって
勇気がもらえました(^-^)



1月は、新しい環境に慣れるのに精一杯で
ちょっと「息切れ」した感じも
ありましたが


これで明日から2月に向かって頑張れそう!
(#^.^#)



さて、今日は「家族についてシリーズ」
(勝手に命名)



(父ちゃん、母ちゃんは ^^) _旦~~すでに登場しております)
my過去ブログ貼っておきます
(*^▽^*)



今日は、祖父と祖母について
(2人とも他界しておりますが、空の上で読んでくれてるね。きっと)
祖父と祖母のこと_a0390917_22152811.jpg
私がここで「祖父」「祖母」と紹介する人達は
私の実のおじいちゃん、おばあちゃんではありません。


私は本当の祖父と祖母とは一緒に暮らしたことは
なく。


私が「祖父」「祖母」と呼ぶ人達は
本当は
「大叔父」「大叔母」にあたるのだと
思います。


私の母は
小さい時に、本当の親に育てられず
母の親の兄弟夫婦の家庭に養子に入って、育ったそうです。



私の父や、母の時代は
そのような事例がたくさんあったと
私は自分の父から聞きました。


母が引き取られた家は
「渡邉家」


屋号を「山中」(やまなか)という
その名のとおり、山の中の一軒家です。


私の母が「お父さん」と呼ぶ
私の「祖父」は
私のきいた話では
体を弱かったため、戦争には召集されなかったそうです。


そうかもしれません。祖父はほんとに
体付きも細く、
子供の目にも、元気に活動しているところは
記憶にありません。


祖父は、近所のお宮の「総代」(ソウダイ)
(神職ではないけれど、地域氏子の代表を務める人)
を長年務めていたようです。
私の記憶でもとても信心深い人でした。


お寺とも関係が深く
「門徒」(モント)の、やっぱり代表格
だったようで


祖父が亡くなった後も
地域から、一目置かれる
そんな「渡邉家」、祖父でした。


祖父は優しい人だったように思います。

大きな声で怒鳴られた記憶はあまりありません。
(注意されたり、諭されたりはありました)


祖父に諭された内容で覚えているのは
「節約」「節制」
水の使い方、履物のそろえ方
トイレットペーパーの1度の量
そんなことを
教えてくれた祖父でした



母を心から可愛がり、戦争が終わって間もないのに
「芸は身を助けるから」と
母に日本舞踊を習わせ
母の将来を真剣に考えていたんだと、思います。



そして、母そっくりの孫の私を
とても可愛がってくれたのを
ほんとによく覚えています


祖父が小さな私に
「お雛様」だからと


野原で畑仕事の合間に
木の丸太を切って
2つ並べて、お内裏様とお雛様
木くずを「桜」にみたてて
パラパラ
お雛様のうえに振りかけて


「麻衣子。お雛様。おめでとう」と
お祝いしてくれたのを
これを書きながら思い出しました(#^.^#)


覚えているのは
嬉しかったからだろうな~
祖父と祖母のこと_a0390917_22512280.jpg
「祖母」は
祖父とは、違う質の「厳しさ」をもっていました


祖母は
ぶっきらぼうで、人につらく当たる事しかできない
いえ、
そんな言葉しか口から発声できない
気質をもっていました


祖母の兄妹(5人くらいいた)に
会ったことがあるんですが
みんなおんなじ性格


子供心に「この兄妹とお家で育ったならしょうがないかも」
と感じたような・・・


優しい気持ちはもっていて
義理の娘の母をとても可愛がっていたのは
よくわかりました


砂糖をふんだんに使って
手作りのお菓子を
祖母はよく作っていました


母が小さい時は
頻繁に作っていたそうです。


母の娘である私の事も
嫌いではなかったというか
可愛がってくれました。


保育園、小学校に行かない私を
「行きたくないなら、行かなくていい」と
(ぶつぶつ、文句をいいながらも)
(*^▽^*)

面倒みてくれました


性格が男の方みたいな人でしたね


心で思っていることを
素直に言えないというか
極端に(ほんと、極端に)
反対の事を、口から発声してしまうんです


私が小さいときは
小学校の低学年くらいまで
学校がえり、途中まで迎えにきてくれていました。


小さいときによくしてもらった
祖母の「おんぶ」

祖母の匂い
よく覚えています


草や、汗の匂いが入り混じった
お世辞にも、いい匂いではありませんでしたが


普段、悪態を家族にむかって
ついている祖母の
優しい面に触れる瞬間が

私は好きでした
祖父と祖母のこと_a0390917_23064954.jpg
今も、私の田舎の匂い
懐かしい匂いというキーワードで
思い出すのは


この祖母の「おんぶ」の時の
背中の匂いです


女性ながら肩幅はとても広く
筋骨隆々
ほんとに、祖父に上げたらいいのにというほどの
体付きの祖母


晩年、病気を発症するギリギリまで
畑仕事をしていたそうです


優しい祖父ではなく
祖母の匂いを小さい時の匂いで
思い出すのは


幼少期のそれだけたくさんの時間を
祖母と過ごしたせいでしょう
(祖父のほうが他界が早かったので)



「おばあちゃん。
小さいとき一緒にいてくれてありがとう!」
(*^▽^*)」

生まれ育った家から
離れて何十年とたちますが


「理想の暮らし」と言われると
実家の暮らしが「理想」に
年々、なってきました


5年前くらいは
都会が一番、食べ物も洋風の食べ物、お酒
が私の大好物でしたが


自分の食べ物
住みたいところ
いろんな好みが
変化しつつあり


それが、「生まれ育った場所」に
年々近づいてきている
いえ
戻っていっている
のを感じます。


コンビニもなにもない、いまでも
近所に家がない
静かな家


そこには一生もう
住まない、住めないのかもしれないけど


気持ちが落ち着く場所です



by tororomai145 | 2020-01-29 23:25 | | Trackback | Comments(0)

日帰りで東京へ

日帰りで東京へ_a0390917_21480780.jpg

東京駅丸の内駅舎の天井。
いつ見ても、美しい(^-^)


今日は、お勉強というか、ある方に会いに
日帰りで東京へ


ずっとお会いしたいと
思っていた方だったので
お会いできて嬉しかったな~(*^▽^*)


今日お会いするにあたって
いろいろ家で机にかじりついて
準備してきたので


実は、私にしては
運動不足の状態で東京着。


なんか、
身体の血行も悪く、胃の調子も悪いと感じていて
お約束の時間まで
1時間半余裕がある・・・・・


はい。

目的地まで徒歩で移動しましょう!('◇')ゞ


東京駅から、神楽坂まで歩きました。

日帰りで東京へ_a0390917_21581615.jpg
歩くのは
「無」になれるから大好き!

途中の神社へもお参りできました!



お会いした方は
ビジネス的な事でとっても目標にさせてもらってる方
ちょっとでも、
近くに行きたい方(*^▽^*)


お話できて
良い時間が過ごせました!



日帰りで東京へ_a0390917_21485708.jpg
でも、さすがに
疲れたのか

帰りの新幹線は爆睡($・・)/~~~

いびきかいてないといいけど・・・


次、やる事も
見えてきたのでスッキリで帰呉

☆メリー・クリスマス☆












by tororomai145 | 2019-12-24 22:04 | 生き方 | Trackback | Comments(0)