人気ブログランキング |

バレトン&バーワークスマスタートレーナー渡辺麻衣子オフィシャルブログ hirosimabarrew.exblog.jp

広島にあるBalletoneとBarreWRXという国際フィットネスライセンスを取得できるスクールLien(リアン)代表。15年間で11万人のお客様の指導経験を持つ。トレーニング経験は5万時間以上のトレーナーであり、フリーインストラクターとして、一般からプロまでを指導。スクール情報や日常までアップ!!


by バレトン&バーワークスマスタートレーナー渡辺麻衣子
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
家にそういえば・・・・



圧力鍋的なもの
があったような・・・

ゴソゴソ・・
脚立を出してきて普段手の届かない棚をみてみると



あった~!



餡子つくったり、お料理するように
(お料理といえるのか?)
なったので



圧力鍋があると
ガス代が助かります~('◇')ゞ



はい!( `ー´)ノ
これは
お料理頑張れって
ことですね!!!

頑張ります~!!



今日は、普段見ない棚とかみたら
キッチンのお掃除がしたくなり


キッチンを綺麗にしました(#^.^#)



今まで、ガスコンロ周りはあんまり汚れなかったけど
(笑)
(料理してないから、当たり前なんですが)


やっぱり、使うと汚れてくるので
コンロ周りを綺麗にして
気持ちもスッキリです!
料理本を眺める日がくるとは・・・_a0390917_20020027.jpg
お掃除をしたのは
Skypeでビジネス関係の方とお話する用事があって



お部屋を綺麗にしたかったから


お掃除は大好きなので
お仕事の前に
なんとなく、家全体を綺麗に整理しておきたい私



不要品も捨てたりして
今日ごみの日だったのに('◇')ゞ
またゴミ袋がパンパンになりつつある・・・




Skypeでお仕事のお話をしたら
終わった後
ワクワクしてきて(^^♪
元気になったので
外へランニングにいきました!




ご近所のお庭には
白い木蓮が満開!!
きれい~!!
('◇')ゞ( ^)o(^ )(^_-)-☆(^_-)-☆
(#^.^#)
写真撮らせていただきました!


なんかもう、散ってしまいそうな満開具合
白い色なのがいい!
料理本を眺める日がくるとは・・・_a0390917_20020737.jpg
料理本を眺める日がくるとは・・・_a0390917_20024798.jpg
ランニングコースは
瀬戸内海が一望できます


気持ちいい!!

今日はあったかかったので、良く汗をかきました(#^.^#)


梅?でしょうか?
咲いていてほんとにもう3月なんだな~という感じ


用事も済ませお家にかえると

食事づくり
(#^.^#)


圧力鍋も掘り起こしたし


鍋を買ったときに料理本もついていたはず!

ゴソゴソ・・・・・探す
料理本を眺める日がくるとは・・・_a0390917_20155742.jpg
あった~!!


料理本をみながら

今度これをつくってみようかな・・・
え~?


ヨーグルトもこの鍋でつくれるの?
とか
お菓子も作れるらしい


お塩とお砂糖多めの食べ物が
ダメな私は

もう、自分でお菓子も作るしかないな・・・

餡子作って冷凍して保存してるくらいだからな・・・
(#^.^#)

料理本みてたら

夢?これからのことを想像して
楽しいです




いや~('◇')ゞ
これ去年の年末
「料理は全然だめです!しません!」

って言ってた人の
ブログじゃないですね!
もはや!
( ゚Д゚)



時がたつと人間こんなに変わるのでしょうか?


確かに、私は

「変化する女」
なのかもしれません


そう思います



さあて。

今週の金曜日はバレトンの養成コースです!
普段の生活を充実させて
心も元気!!

3月20日もバレトンとバーワークスのブラッシュアップを募集しています!
すぐさま。お問いあわせを頂いております!
今年度中にライセンス更新されたい方!
更新何年もしてない方も、是非!お越しくださいね!

詳細は下記HPから!


タグ:
by tororomai145 | 2020-03-02 20:25 | 生き方 | Trackback | Comments(0)
私は保育園に通っていた時は
おとなしい
お友達もいない子供だった
(いまも充分おとなしいです(^-^))


保育園はたくさんの種類の人間がいて
「家とちがう」
「のびのびできない」
と子供心に感じていた


もちろん当時の保育園の担当の先生にしてみれば
分け隔てなく
可愛がってもらっていたに違いないと思うが



私の心には
偏屈な祖母と(笑)


話もしないでずーっと
一緒にいる
NHKの教育テレビばかりみて
過ごす



1日のほうが
保育園で人に合わせて
まみれて過ごすより



ずっと楽しく
貴重に思えた
(当時、そう思っていたのかもと、今日考える)

保育園の給食と「今」食べること_a0390917_15311639.jpg
私の生まれた家は、
島根県


家の周りは
山、山、山


隣の家はあるんだけど山に隠れてみえない
大声でよるお風呂で歌を歌っても
まったく、誰にも
とがめられず


朝起きて、パジャマで外を歩いても
みているのは
鳥と、空と、
精々、野良猫くらい


家の前の国道は
1日に車が1台通るか通らないか


自動車が通ったら
「どこの家の車?」と
わざわざ確認に見に行くのが
日常

(これ本当)


近くに住んでるのもご高齢の方ばかりなので
なんというか
最近のテレビの話題とかというより
天気とか
町内会の話題とか、
お宮やお寺の行事のことなどが
立ち話であがる


もっと言えば、
「あそこのおばあちゃんがこの前なくなった」
「あそこの家のおじいさんが病気が」
「あそこのお寺さんの住職さんが・・」
とか


どちらかといえば
「生きる」
「死ぬ」
「お寺」
「お宮」
の話題に親たちの話題はあふれていたように
思い出す



そんな中で
育つと
同じ年の人間なかで、保育園で1日過ごすと
視点がちがうというか


話をしても楽しい
この人とお友達になりたいと
感じなかった
保育園の給食と「今」食べること_a0390917_20454346.jpg
誰が嫌いなわけでもなく、
ただ、そう感じる


家という「自分の空間」から
保育園という「外」の世界を
見せられて
子供心に戸惑っていたのだと思う


ひとつ、
保育園で「嫌い」だったと
はっきり覚えているもの


それは
「給食」


なんとなく覚えているのは
まだ、脱脂粉乳のミルクがでていた
あとは
ひたすら


ドライレーズンが
パンの中にもドッサリ入ってたり
サラダの中にも
ドライレーズン


蒸しパンの中にも

(笑)
とにかく、とにかく
レーズンが入っていて


それを
制限時間の中で
早く食べた人が「エライ子供」とされ
とにかく、量が食べれないのに
全部食べるまで
許されなかった


私は皆さんの予想通り


食べるのもマイペースで
ドライレーズン地獄に
恐怖を感じていたため('ω')ノ


給食居残り組


慣れてきたら、
ドライレーズンがどうしてもだめで
自分の机の中に
レーズンだけ穿り出して
隠してパンだけ食べたり工夫していた

保育園の給食と「今」食べること_a0390917_15311259.jpg
という、私のトラウマな時代の話
('ω')ノ



給食が全部食べれない、食べるのが遅い
だけで
「麻衣ちゃんが、また遅い」
「先生、麻衣ちゃんが干しブドウまた隠してるよ」
と告げ口する子もいて



給食から保育園が嫌いになったのかもしれない


嫌いなことが一つあると
行くのが億劫になるし
食べることをバカにする子供にも
近づきたくなくなった



お遊戯の時間や、お歌の時間
学芸会の時間、お絵かきの時間は
大好きだったけど



保育園はあんまり
積極的に
行かない子供だった



幸い
自宅に常に祖母がいて
親が面倒見れなくても
祖母が
(ぶっきらぼうな、そんなに優しくない人)

「保育園にいきたくないなら、行かなくていい」
と言ってくれていたので


保育園お休みが
多くても
少々、許されていた環境だった

保育園の給食と「今」食べること_a0390917_15301389.jpg
昔のことをなぜこんなに思い出すのだろう


それは、ある意味
ブログという自分の世界を持っている私の特権でもある



今も、「食」に関しては
悩みも多い


好きなものを口に入れられる「大人」になって
自由だからこそ


運動しながら
軽く体を感じ、自分のパフォーマンスが
のびのび表現できる
ための
「食事の量」
「内容」
「食べるタイミング」
を考える



何を、いつ食べるか
年齢とともに
「お腹だけ満たしていればいい」という
ことでいられなくなってきている



自分が「心地よい」「おいしい」と思うものを
丁寧に食べないと



胃のもたれや、むくみなど
不調がでてしまう



お酒も昔より飲まなくなった
コンビニの物品が
体に合わなくなった


毎回は難しいが
オーガニック野菜や、玄米
水も、実は飲むものは取り寄せの水



出来るだけ
砂糖、塩が
たくさん入っていない製品や
優しい刺激がくるものを
ついつい
選んでいる


でも、それが
体調管理に繋がり


自分の気分や
仕事のパフォーマンスを上げる事につながるから
私は、食べることに
向かい合わなくては・・・


私は私のペースで
食べて、生きていくしかないのだと
感じる
保育園の給食と「今」食べること_a0390917_15310326.jpg
給食イノコリ組だったこと、
ドライレーズン恐怖症だったことは
私の人生の暗黒時代。


でも、そんな私も


今は
独立できて、優しい仲間に囲まれている

お仕事は
まだまだ小さなちいさな事業だが
夢はでっかく(*^▽^*)

明日は100人養成コース参加希望者が
いらっしゃるかもしれない!
(夢みすぎ!)

問題は、昔どうだったか
自分と向かいあうことと


それを踏まえたうえで
どう生きていくか
(*^▽^*)


偉そうに言ってる私は
ドライレーズンを机に隠してた子供 ^^) _旦~~





タグ:
by tororomai145 | 2020-01-20 21:29 | 生き方 | Trackback | Comments(0)